PR

 米Compuware Corporationが米国時間7月3日に,2002年4~6月期(2003会計年度第1四半期)決算の速報を発表した。売上高は3億2900万~3億4100万ドル,希薄化後の1株当たり利益は5~6セントになる見通しだ。

 ソフトウエアの新規ライセンスによる売上高が5300万~5700万ドルの見込み。保守整備による売上高が1億ドル~1億400万ドル,そして専門的なサービスによる売上高が1億7600万ドル~1億8000万ドルの範囲になると予測している。

 Compuware社社長のJoe Nathan氏は,「今期は季節的な要因が通常より色濃くあらわれた。また企業のIT支出は相変わらず減速したままである。しかし収益は堅調で,今期のキャッシュフローは9000万ドルを超える」と説明した。

 同社は正式な2002年4~6月期決算を7月16日に発表する予定である。

◎関連記事
「WindowsのJavaもサポートする」,米Compuwareの社長が語る
製造業の垂直市場における2002年のIT支出は6%増加
「2002年における大企業のe-business技術予算は縮小傾向」,米フォレスターの調査
「2002年における金融サービス業界のIT支出は前年比7.3%増,2005年まで1けた成長」,と米データクエスト
「2002年の世界ITサービス市場,売上高は5570億ドルで前年比わずか2.8%増」,米データクエスト
「米国IT支出は2002年に3.3%増加,2003年には11.5%増加」,米ヤンキーの調査
「企業向けアプリケーション市は2006年に700億ドル規模」,米AMRの調査

[発表資料へ]