PR

 米SpeechWorks Internationalは米国時間7月3日にリストラ策を発表した。2002年第3四半期中に約17%の人員削減を行い,同第4四半期中に約20%の経費削減を実施するという。このリストラ策により,「現在の市場の状況とIT支出の傾向に会社の体制を合わせる」(同社)という。

 なお,具体的な経費削減額,人員削減の数は明らかにしていない。

 同社はこのリストラ策により,年換算で合計1400万ドルから1500万ドルの経費が削減できると予測している。人員削減に関する一時的な費用は,2002年第3四半期終了時点で約200万ドルと見込む。

 「この経費削減措置により2003年前半に赤字を解消する,という目標が達成できるだろう」(SpeechWorks社社長兼CEOのStuart R. Patterson氏)

 また同社は,2002年第2四半期の決算について「売上高と1株当り損失が2002年4月24日に発表した事前予測の範囲内にある」と説明する。

 同社はこのリストラ策と2002年第2四半期決算のより詳細な内容を,7月24日に報告する予定である。

◎関連記事
米モトローラがさらに約7000人の人員削減計画を明らかに,2002年Q2決算見通しは「事前の予測通り」
カナダのシエラ・ワイヤレスが約180~275人の人員削減を発表,今後は2.5G対応製品に注力
米Net2Phoneが2002年2月~4月期決算を発表,前期比19%減収で2400万ドルの赤字
米ベルサウス,4000~5000人の従業員を削減するリストラ策を発表
米ノベルの2001年11~2002年1月期決算を発表,前期のリストラが功を成し,4000万ドルの経費削減に成功
製造業の垂直市場における2002年のIT支出は6%増加
「2002年における金融サービス業界のIT支出は前年比7.3%増,2005年まで1けた成長」,と米データクエスト
「世界経済は2002年末に回復する見込みだが,企業のIT予算は変更無し」,と米調査

[発表資料へ]