PR

 米Apple Computerが米国時間7月16日に,2002会計年度第3四半期(2002年4月~6月期)の決算を発表した。売上高は14億3000万ドルで前年同期と比べて3%減少。純利益は3200万ドル(希薄化後の1株当たり利益は9セント)。前年同期の純利益6100万ドル(同17セント)から大幅に減少した。

 同社は2002年第2四半期(2002年1月~3月期)決算発表の時点で,「2002年4月~6月期の売上高は約16億ドルの見込み。1株当たり利益は2002年1月~3月期と比べて横ばいか,若干上昇する」と予測していた。ちなみに2002年1月~3月期の売上高は15億ドル,純利益は4000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は11セント)だった。

 粗利率は27.4%で,前年同期の29.4%から2ポイント低下した。当期は海外における売上高が総売上高の42%を占めた。

 同社が当期に出荷した「Macintosh」製品は80万8000台。前年同期より2%少ない数字である。

 「不況が業界全体に広がっている中,我が社は引き続き利益をあげている」(Apple社CEOのSteve Jobs氏)。また同氏は,「31店舗の販売ストアで『Switchers』キャンペーンを展開し,新規ユーザーの獲得に取り組んでいる。新製品への投資も継続しており,その一部は7月17日から開催される『Macworld New York』で発表する」と述べた。

 Apple社CFOのFred Anderson氏によると,2002会計年度第4四半期(2002年7月~9月期)の売上高は2002年4月~6月期とほぼ横ばいの見込みだという。一時的な費用を除いた損益は若干の黒字になるとの予測である。

◎関連記事
米アップルの1月~3月期決算,「iMac」が好調で前年同期比4%増収
米アップルの10月~12月期決算,37%増収で3800万ドルの黒字
この不景気に何をする? 大手コンピュータ6社経営トップの施策とは
2001年の世界PC市場「米デルの出荷台数はダントツ,米HPと米コンパックが合併してもかなわない」と米データクエスト
米デルが2002年5月~7月期決算を上方修正,「米国市場の教育/政府/消費者分野が好調」
米マイクロソフトの1月~3月期決算,前年同期比13%増収だが予測を下回る
米IBMが2002年Q1の決算を発表,世界的な減収とハードウエア部門の低迷で31%減益
米HPの4月期決算,純利益が前年同期比436%増と好調,ただし「2003年まではIT支出の顕著な回復はない」とフィオリーナ氏

[発表資料へ]