PR

 米Motorolaは2002年第3四半期,第4四半期,通年の業績見通しを米国時間7月17日に発表した。同社は,第3四半期の売上高は約67億ドル,第4四半期は約75億ドルと予測する。前年同期の売上高は,第3四半期が72億ドル,第4四半期が73億ドルであった。

 一時的な費用を含めたGAAP(会計原則)ベースの1株当り利益は,第3四半期が約2セント,第4四半期が約10セントになるとみる。なお両予測値には,約2億1500万ドルのリストラ関連経費を含めている。一時的な費用を除くと,第3四半期の1株当り利益は約5セント,第4四半期は14セントとなる。

 また通年の業績については,製品販売が今後も現在状況のまま推移する場合,売上高を290億ドル,1株当り利益を45セントと見込む。

◎関連記事
米モトローラがさらに約7000人の人員削減計画を明らかに,2002年Q2決算見通しは「事前の予測通り」
米モトローラが2001年Q4と通年の決算を発表,Q4は12億ドルの赤字,新たに4工場を閉鎖
「2002年5月の世界半導体市場は前月比2.8%増収,ほとんどのカテゴリが成長」,とSIA
5月の北米半導体製造装置業界,受注額が2カ月連続で前年同月を上回り10億ドルの大台に,BBレシオは1.26を記録
米国・世界のSEMIndexがともに下落,「半導体エンド・マーケット需要の不透明感が要因」とSEMI
「2002年Q1の世界携帯電話機販売台数は前年同期比3.8%減の9380万台」,米データクエストの調査
「携帯電話機市場は2002年に復調へ,販売台数は前年比14%増」,米企業の調査
景気は回復に向かっているのか?---欧米IT企業のQ1決算を検証

[発表資料へ]