米Microsoftが米国時間7月23日に,「.NET Framework」と米Oracleのデータベースを効率的に統合する「.NET Framework Data Provider for Oracle」を発表した。

 「.NET Frameworkの中核技術である『ActiveX Data Objects .Net(ADO.NET)』のユーザーは,Oracleのデータベースをより活用することができる」(Microsoft社)

 .NET Framework Data Provider for Oracleは,OLE DBプロバイダの代わりとして利用できる。Oracleにネイティブ対応したインタフェースのため,「環境によっては,Oracleプロバイダを使用する場合と比べて200%も性能が向上する」(Microsoft社)。

 また,「SQL Server Managed Provider」と同様のプログラミング・モデルを採用しているので,開発者は新たなスキルを修得することなく,他のデータベース上にアプリケーションを構築できる。「Oracle 9i」のすべてのデータ・タイプに対応し,Oracleデータベースに格納されているさまざまなデータを利用することが可能。

 「我が社の顧客は,あらゆる種類のデータをOracleに保存している。そして,これらのデータを.NETに活用する手段を必要としている」(Microsoft社Developer Platform and Evangelism Division部門バイス・プレジデントのTom Button氏)

 .NET Framework Data Provider for OracleはMicrosoft社WWWサイトから入手できる。

◎関連記事
「.NET=Webサービス」の誤解を解く
米マイクロソフトがWebサービス開発環境「Visual Studio .NET」「.NET Framework」を発表
米マクロメディアが「.NET Framework」への広範なサポートを表明
マイクロソフト,.NET FrameworkからODBCデータベースにアクセスするコンポーネントの日本語版を3月上旬に提供
米マイクロソフトが2億ドル超規模の「.NET」宣伝キャンペーンを世界10カ国で同時展開
「『SQL Server 2000』は『Oracle9i』より大幅なコスト削減が可能」,米MSが調査結果を引用 
米Oracle,打倒MSに向け統合型製品に注力
Microsoftサーバー製品の.NET対応が新段階へ

[発表資料へ]