PR

 米Caldera InternationalがブラジルのConectivaと包括的なパートナシップ契約を締結した。Caldera社が米国時間7月24日に明らかにしたもの。これにより同社はブラジルおよび中南米における業務の拡大を図る。

 両社はドイツのSuSE Linux AG,米Turbolinuxとともに,企業向けLinuxディストリビューションの統一を目的とする「UnitedLinux」を結成している。今回のパートナシップ契約は,「このUnitedLinuxの取り組みを自然な形で拡大したもの」(Caldera社社長兼CEOのDarl McBride氏)という。

 この提携により,Conectiva社の販売担当部門および再販チャネルを通じ,Caldera社の製品を販売する。具体的には,Caldera社がメッセージング/システム管理ソリューション関連の「Volution」製品/サービス,「Open UNIX」/「OpenServer UNIX」ソリューションをブラジル向けに提供する。さらに将来は,「ほかの中南米市場においても両社の関係を拡大する可能性がある」(Caldera社)

 また両社は,それぞれの顧客に対する顧客サポート,トレーニングおよび専門サービスの相互提供でも協力する。「Conectiva社は中南米のLinux市場で70%の市場シェアを持っている。重要な同市場の企業顧客に,より経済的かつ効果的にサービスを提供するにあたり,Conectiva社は有利な位置にある」(同氏)

 「顧客やパートナによっては,統一された製品,サービス,サポート・モデルを使用して,米大陸全体で一様な業務ソリューションを導入する必要がある。Conectiva社と提携することで,これらの顧客に対するビジネスが容易になる」(同氏)

 なお,Caldera社が引用した米IDCの調査結果によると,2001年のブラジルにおけるLinuxサーバー・ソフトウエアに対する支出は24%増加したのに対し,Windowsサーバー・ソフトウエアへの支出は21%増であったという。

◎関連記事
米カルデラ,独SuSEなど4社が企業向けLinuxの統一を目的とする「UnitedLinux」を結成
米Caldera,システム管理ソリューション「Volution Manager」のサポート拡張計画を発表
米カルデラが2~4月期決算を発表,「赤字のままだが,経費削減は予定通り」
「全世界でITプロフェッショナルの分布が大きく変化している」と米ブレインベンチ
「中南米でモバイル・サービスが普及,競争激化で1ユーザー当たりの売り上げは減少」と米ヤンキー
「米国とのIT格差が広がる中南米」,米データクエストが広帯域普及率を調査
「世界のネット人口は2002年末に6億人強,オンライン支出は1兆ドル以上」,IDC
「家庭ネット・ユーザーは着実に増加,2001年Q4は全世界で約5億人」,米ニールセン

[発表資料へ]