ドイツのInfineon Technologies AGが現地時間7月24日に,ハード・ディスク装置向けのリード・チャネルICをサンプル出荷すると発表した。「同ICは0.13μmプロセス技術で製造する業界初のリード・チャネルIC」(Infineon社)

 リード・チャネルICとは,ハード・ディスク上の磁気情報をデジタルのビット情報に変換するためのICである。

 同リード・チャネルICは,最も厳しい状況でも1ディスク当り1.6Gbpsのデータ転送速度を実現する設計になっているという。「ハード・ディスク用リード・チャネルICの開発を4年半以上行い,当社の高度な製造技術を適用することで,データ転送速度が現行製品より40%速いICを実現できた」(同社)

 「ハード・ディスク装置業界は,大量生産に支えられた最新技術を必要としている。これは,当社にとって非常に魅力的な市場だ」(米Infineon Technologies North America副社長のAdam Andersen氏)

 同社が当初製造したICは,同社の戦略的な顧客向けのもので,現在ハード・ディスク装置への組み込み作業が行われている。0.13μm版リード・チャネルICのエンジニアリング・サンプルは,2002年秋に特定の顧客に対して出荷する。量産版ICの出荷は,2003年前半を予定する。

◎関連記事
独インフィニオンがエリクソンの半導体部門を買収
独Infineonのブロードバンド通信用プロセッサが米MIPSの64ビット・プロセッサ・コアを採用
米IBMが振動防止技術を採用した新型サーバー用ハード・ディスクを発表,「スループットが15%向上」
米リード-ライトが面記録密度を130Gビットを達成,3.5インチ1枚では170Gバイト
「大容量データが保存可能な民生電子機器が人気,HDD業界の二次市場として拡大」,と米調査
「HDD業界はパソコンから民生用電子機器市場に軸足を移す」,米In-Statの調査
“脱パソコン”進めるHDDベンダー,米クアンタムが家電メーカーに秋波

[発表資料へ]