PR

 米New York Timesの電子メディア事業,New York Times Digitalと米Googleは検索サービスの提供で提携したと米国時間8月6日,発表した。

 この提携のもとNew York Times Digitalは,NYTimes.comとBoston.comの両サイトにGoogle社の2種類の検索サービスを導入する。すなわちWebページ検索とスポンサード・リンクである。

 前者はGoogle社の通常の検索サービスで「20億以上ものWebページから最も関連性の高いページを探し出す」(Google社)。後者は特定のキーワードによる検索時に,広告主のサイトを検索結果の上位に来るようにするリスティング・サービスである。これらのサービスは即日,NYTimes.comのサイトで始めている。Boston.comでは今秋にも開始する計画である。

 NYTimes.comの場合は,画面上の検索フィールドにキーワードを入力し,検索を実行すると,検索結果画面の上部に,NYTimes.comの現在の記事とアーカイブ記事が表示される。画面下部には,Google社のスポンサード・リンクとWeb検索結果が表示されるという仕組みである。このスポンサード・リンクにより,「ユーザーの関連製品/サービスへのアクセスを手助けする」(両者)という。

◎関連記事
米AOLがGoogleの検索エンジンを採用した新しい「AOL Search」を発表
米アルタビスタが関連性の高い項目を提供する検索エンジン「AltaVista Prisma」を発表
米AT&Tが米グーグルの検索技術を採用
米オーバーチュア,米MSとの契約を90日間延長,「今後の長期契約目指し交渉中」
インターネットの検索サイト,その進化の秘密
AOLが米グーグルの検索技術を採用
米ヤフーに迫る勢いの米グーグル検索サイト,過去2年間でシェアが急増
インフォシーク,独自路線でGoogleに対抗

[発表資料へ]