PR

 米Dell Computerが米国時間8月15日に,2003会計年度第2四半期(2002年5月~7月期)の決算を発表した。売上高は85億ドルで,前年同期の76億ドルから11%増加。7月11日時点の予測を上まわり,「6四半期連続して,予測通りあるいはそれ以上の売り上げを出した」(Dell社)。純利益は5億100万ドルで,前年同期の4億3300万ドルと比べて16%増加した。1株当たり利益は19セントで,前年同期の16セントから19%の増加となった。

■2003会計年度第2四半期の業績(1株当たり利益を除く単位:100万ドル)

                                2003会計     2002会計(a)     成長率   
                                 年度Q2        年度Q2        (%)   
                                  -----         -----        ------   
売上高                           $ 8,459       $ 7,611         11%    
営業利益                         $   677       $   545         24%    
純利益                           $   501       $   433         16%    
1株当たり利益                    $  0.19       $  0.16         19%

(a)2002会計年度の利益データには,従業員削除,設備縮小,
資産損失などに関連する費用7億4200万ドルは含まない。

出典:Dell社
■2003会計年度前半の業績(1株当たり利益を除く単位:100万ドル)

                                2003会計     2002会計(a)     成長率   
                                年度前半      年度前半       (%)
                                  -----         -----        ------
売上高                           $16,525       $15,639          6%
営業利益                         $ 1,267       $ 1,133         12%
純利益                           $   958       $   895          7%
1株当たり利益                    $  0.36       $  0.33          9%
  
(a)2002会計年度の利益データには,従業員削除,設備縮小,
資産損失などに関連する費用7億4200万ドルは含まない。

出典:Dell社

 当期におけるDell社製品の世界出荷台数は,「業界全体の出荷台数が4%減少しているにもかかわらず」(Dell社)18%増加した。Dell社のサーバーおよびワークステーションの出荷台数は20%伸びた。ストレージ・システム製品と合わせると,サーバーおよびワークステーションの売上高は当期の総売上高の20%を占めた。

 「当期はあらゆるカテゴリの製品出荷台数が伸び,特に企業向けシステムが好調だった」(Dell社)。「PowerEdge」サーバーの出荷台数は前年同期比18%増加。「Precision」ワークステーションは同24%増加した。外付けストレージ・システムの売上高は同70%以上も成長した。ノート・パソコンの「Inspiron」と「Latitude」の出荷台数は同17%増えた。

 地域別でみた場合,米国における出荷台数は23%増加し,売上高は14%増えた。教育および政府機関向けの出荷台数は21%伸びた。

 アジア太平洋地域における出荷台数は12%増加。中国では35%増加し,日本における増加率も2けたを記録した。

 EMEA(欧州/中東/アフリカ)における出荷台数は5%増。ドイツでは12%,フランスでは20%増加した。

 なおRollins氏の予測によると,2003会計年度第3四半期における業界全体の出荷台数は同第2四半期と比べて横ばいか,わずかな伸びにとどまるという。それに対し,Dell社の出荷台数は5%増加する見通し。2003会計年度第3四半期のDell社の売上高は,前年同期比19%増の89億ドルと見込んでいる。1株当たり利益は前年同期比25~30%増の20~21セントとの予測である。

◎関連記事
米デルが2002年5月~7月期決算を上方修正,「米国市場の教育/政府/消費者分野が好調」
米デルの2002年2月~4月期決算,売上高約81億ドルで事前の予測を上まわる
米デルの株主総会,「我が社は現在,創業以来もっとも強力で優れた競争力を持つ」とデル氏
「2002年Q2の世界パソコン市場,首位の米HPを米デルが僅差で追い上げ」,米データクエストの調査 
この不景気に何をする? 大手コンピュータ6社経営トップの施策とは
米IBMの2002年2Q決算,14億5000万ドルの黒字に

米HPの4月期決算,純利益が前年同期比436%増と好調,ただし「2003年まではIT支出の顕著な回復はない」とフィオリーナ氏
米IDCが2002年の世界パソコン出荷台数予測を前年比4.7%増に上方修正,「徐々に回復に向かう」

[発表資料へ]