PR

 米AOL Time Warnerは,AOL(America Online)部門の会計処理について,疑いがあることが判明したと米国時間8月14日,明らかにした。

 問題とされるのは,AOL部門の過去の3つの取引の収入。「サード・パーティから受け取った報酬を“不適当に”広告・販売収入として計上していた可能性がある」と説明している。取引額は4900万ドル。過去6四半期にわたる取引の総額という。

 同社ではこれ以外の取引も対象として今後さらなる内部調査を進めていく,と説明している。

 なおAOL Time Warner社は同日,CEO(最高経営責任者)Richard Parsons氏とCFO(最高財務責任者)Wayne Pace氏が,決算内容の正確性を保証する宣誓書に署名したと発表している。

 AOL社の会計処理を巡っては,今年7月に米証券取引委員会(SEC)と司法省が調査を始めていた。米メディアの報道によるとAOL社業務を担当していたAOL Time Warner社上級副社長のDavid Colburn氏が8月9日に辞任しているが,同社はその明確な理由について明らかにしていないという(掲載記事)。また,8月16日には,SECの調査対象が同氏に向けられている,などとも伝えられている(掲載記事)。

◎関連記事
米クエストが2002年Q2決算を発表,売上高は前年同期比17.3%減,11億4000万ドルの赤字
米クエスト,光通信回線容量取り引きで総額約11億6000万ドルの水増し計上を認める
米IBMが米PwC Consultingを約35億ドルで買収
米タイム・ワーナー・テレコムが2002年Q2決算を発表,「顧客の解約や倒産により減収」
米AOLタイムワーナーの2002年Q2決算はかろうじて予測を上まわる,「AOLの不振を他の事業でカバー」
ついにあの“インターネットの名門”までも――米ISP御三家,最後の1社も窮地に
米ワールドコムが米破産法11条の適用申請
世界経済を揺るがす米ワールドコムとはどんな企業だったのか

[発表資料へ]