PR

 米Calderaの子会社である米SCO Group(旧社名:Caldera International)が米国時間8月28日に,2002会計年度第3四半期(2002年5月~7月期)の決算を発表した。売上高は1540万ドルとなり,同社の事前予測(1400万ドルから1500万ドル)を上回った。前期の売上高は1550万ドル,前年同期は1890万ドルであった。

 70万ドルの非現金費用と120万ドルのリストラ費用を含めた純損失は450万ドル(1株当り損失は35セント)。220万ドルの非現金費用を含めた前期の純損失は660万ドル(1株当り損失は47セント),980万ドルの非現金費用を含めた前年同期の純損失1880万ドル(1株当り損失は1ドル35セント)だった。

 「収益性確保に向けた継続的な取り組みにより,前期に比べ業績が上向きになりつつある。米大陸における売上高が前期を上回った。これは過去5四半期で初めてのことだ。全世界の売上高は前期と同等だった。当社の前受収益は前期に比べ360万ドル増加し,受注と将来の状況が今後も強力であることを反映している」(SCO社社長兼CEOのDarl McBride)

 「事業運営の面では,65%だった粗利率が74%となった。同時に,全世界の営業費用を前期に比べ6%削減した」(同氏)

 またSCO社は,今後の業績について以下のような見込みを明らかにしている。

・2002会計年度第4四半期(2002年8月~10月期)の売上高は,1400万ドルから1600万ドル。効率化をさらに進めることで,74%であった粗利率が76%に増加する。

・これまで2002会計年度中に行って来たリストラにより,営業費用が2%から3%減少する。

・2002会計年度(2001年11月~2002年10月期)通年の売上高は,6300万ドルから6500万ドルと見込む。

◎関連記事
米カルデラがブラジルのコネクティバと提携,「ブラジル,中南米での業務拡大を図る」
米カルデラが社名を「SCO Group」に変更,「SCO製品のブランド認知度向上を図る」
米カルデラが2~4月期決算を発表,「赤字のままだが,経費削減は予定通り」
CalderaがSCOのServer Software部門とProfessional Services部門を買収
米カルデラ,独SuSEなど4社が企業向けLinuxの統一を目的とする「UnitedLinux」を結成
「開発者が評価するLinuxの特徴は安全性と信頼性」,米エバンズ・データの調査
デスクトップOSは今後もWindowsが優勢,しかしユーザーの不満がLinuxやMac OS Xにチャンスを与える
「2004年にはLinuxが高性能コンピューティング市場で勢力を拡大」,米アバディーンの調査

[発表資料へ]