PR

 ドイツのSAP AGと米Hewlett-Packard(HP)がポルトガルで現地時間9月4日に,SAP社の中小企業向けビジネス・ソフトウエア「SAP Business One」の販売に関して提携に署名したことを明らかにした。EMEA(欧州,中東,アフリカ)30カ国以上にわたるHP社の販売チャネルを利用する。ポルトガルのリスボンで開催中のSAP社の国際e-business会議「SAPPHIRE」にて発表したもの。

 提携による販売プログラムは,まず30万社の中小企業が拠点を置くドイツで今秋開始する。その後オーストリア,スイス,英国,ベネルクス諸国(ベルギー,オランダ,ルクセンブルグ)に対象を拡大する。

 また両社は,EMEAに「SAP Business One Centers」を共同で開設する。同センターは,SAP社とHP社が選出した企業のパートナ認定や,パートナ企業向けのトレーニングおよび技術サポートの場を提供する。HP社はSAP Business One認定リセラーの販促活動,マーケティング・キャンペーン,販売管理などを支援する。

 「HP社は10年以上におよぶSAP社の重要な技術パートナだ。今回の提携により新たなビジネス・モデルを構築し,HP社のe-businessインフラ・プロバイダとしてのノウハウとネットワーク・チャネルを活用する」(SAP社Global Field Operations部門プレジデントのLeo Apotheker氏)

 ちなみに米Gartnerによると,2005年には中小企業のIT購入のうち65%以上が ,直接ベンダーからではなく,VAR(Value Added Resellers)やプロフェッショナル・サービス企業といった‘信頼のおけるアドバイザ’を通じて行われるという。

◎関連記事
独SAPが中小企業に向けた「Smart Business Solutions Program」を発表 
「企業向けアプリケーション市は2006年に700億ドル規模」,米AMRの調査
米IBM,Linux用eビジネス・ソリューション・プラットフォームを発表,中小企業の導入を支援
「IT支出の低下は底打ち,IT幹部は今後6カ月間でIT経費を3.7%増額」,米調査
「世界のIT支出は2002年Q4に復活し,2003年には1兆ドル超規模に」,と米IDC
「企業は今後1年間でIT支出を5.9%増加する予定」,と「CIO Magazine」誌の調査結果
「世界経済は2002年末に回復する見込みだが,企業のIT予算は変更無し」,と米調査
2002年の産業別IT支出,60%の企業・団体が増額予定,エネルギ分野で最も拡大

[発表資料へ]