PR

 米Iridium Satelliteが,米Blue Sky Networkとのサービス・パートナ契約を締結した。Iridium Satellite社が米国時間9月4日に明らかにしたもの。これによりBlue Sky Network社は,サービス業務をIridium Satellite社に提供する。

 Blue Sky Network社は,航空業界向け衛星通信サービスを手がける企業である。両社が提携することで,航空機の乗務員や乗客の通信環境を改善し,フライト全体の安全性を高めるという。

 この提携について,Iridium Satellite社社長兼CEOのGino Picasso氏は,「Blue Sky Network社によるサービス・パートナへの参加は,企業顧客に製品やサービスを拡販するという当社の戦略を支援するもの」と説明する。「両社が協力することで,航空機の規模に関わらずパイロットや乗客は,世界中どこからでも,世界中に通信できるようになる」(同氏)

 Blue Sky Network社の装置とIridium Satellite社の衛星サービスを使用すると,航空機はミッション・コントロール・センターと通信できる。たとえば,天候に関する情報を受けることで,翼が凍りつくなどの危険な状況を避けられるという。

◎関連記事
米イリジウムが仏France Telecom子会社とモバイル向け衛星通信サービスで提携
米イリジウム,連邦航空局に衛星利用のコックピット向けリアルタイム監視システムを提案
米イリジウムがモバイル・データ通信サービスを開始,速度は最大10kbps
米イリジウムが衛星通信サービスの提供を再開へ,データ通信は6月から
あのIridiumが3月のサービス再開に向け13のサービス・プロバイダと契約
米コネクション・バイ・ボーイングが航空機と地上間のビデオ会議をデモ,通信速度は最大20Mbps
「機上でもインターネット」,仏エアバスなど欧米4社が機内ブロードバンドで連携
航空機テロ対策に一役,米クアルコムが衛星通信使った航空機用通信システム

[発表資料へ]