PR

 オランダのRoyal Philips Electronicsとソニー(本社:東京都品川区)は近距離無線通信技術「Near Field Communication(NFC)」を共同で開発することを9月5日,明らかにした。「NFC対応機器間の近距離通信ネットワークを実現し,消費者によるデータやサービスへの無線接続の向上を図る」(両社)としている。

 NFCは13.56MHzで動作する。携帯電話,デジタルカメラ,PDA,パソコン,ゲーム機,パソコン周辺機器といったNFC対応機器どうしが,最大20cmの範囲内であらゆる種類のデータをやりとりできるようにする。伝送速度は最大212kbps。Philips社の「Mifare」とソニーの「FeliCa」という両社の非接触型スマートカード技術に対応する。

 Philips社のMifare技術は世界各地の交通機関をはじめ,米Visaなどの金融分野で利用されている。一方ソニーのFeliCa技術は,中国の香港やシンセン,シンガポール,日本などで,主に交通機関や金融分野が採用しているという。

 両社の目的は,電子鍵やスマートカード読み取り機と効果的に組み合わせられるNFC対応機器のオープンなインフラを築くこと。クレジット・カードなどの決済,チケット発行,ゲームなどのオンライン・エンターテインメントが,スマートカードまたは機器を近づけるだけで利用できる便利な手段を提供する。

 Philips社とソニーは,民生用機器,パソコン,自動車やその他の業界でも組み込めるオープンな標準規格として,NFC技術の普及促進を図る。「コンテンツおよびネットワーク・サービス・プロバイダ向けにも新たな用途を開拓する」(両社)

 ソニー執行役員常務の野副正行氏は,「Philips社と協力し,NFCの幅広い用途を研究する。他のエレクトロニクス企業やサービス企業によるNFC技術へのサポートを期待している」と述べた。

◎関連記事
SuicaでICカード普及元年になるか?
ソニー子会社,非接触ICカードによるEC用クレジット決済を開始
ソニー子会社,EC決済用「ソニーカード」の詳細発表
IEEEがBluetooth互換のPAN規格「IEEE Standard 802.15.1」を承認
Bluetooth,助走から離陸に向けた正念場の1年に
「消費者はBluetoothに高い関心,5年間は年平均360%で急成長」と米In-Stat
米マイクロソフト,Bluetooth対応無線キーボードとマウスを商品化へ

米パームが,Bluetooth向けのSDKとHDKを提供開始

[発表資料へ]