PR

 中国のモバイル事業者Jiangxi MCCとフィンランドのNokiaはフィンランドで現地時間9月12日,江西省におけるGSMネットワーク拡張の供給に関して提携を結んだことを明らかにした。契約規模は約7000万ドル。

 すでにNokia社は,GSMコアおよびラジオ・アクセス・ネットワークのインフラやOSS(Operations Support System)の供給を始めている。これにより,江西省におけるGSMネットワークのサービス範囲拡大とネットワーク・クオリティの強化を図る。

 Nokia社はネットワーク装置供給のほか,ネットワーク・プランニング,インストレーション,プロジェクト管理を手がける。データ転送速度向上のためのスイッチングおよびGPRS最適化サービスや,ソフトウエア・メンテナンスなどの各種ケア・サービスも提供する。

 またNokia社とJiangxi MCC社は,長期的な戦略的提携に関して了解覚書(Memorandum of Understanding:MOU)に署名した。戦略的提携には「新たなサービスの共同開発,ネットワーク・クオリティと発展に関する協力,管理トレーニングなどが含まれる」(Jiangxi MCC社ジェネラル・マネージャのHuang Rigao氏)という。

 Nokia社にとって中国は世界第2位の市場である。同社は中国での事業にこれまで23億ユーロ(約22億5800万ドル)を投資している。中国に20以上のオフィス,8社の合弁企業,2カ所の研究開発センターを持ち,5000人以上の従業員を抱える。

◎関連記事
ノキアが中国浙江省杭州に研究開発センター開設へ
「ホテルや空港で無線LAN」,ノキアが南京の無線インフラ事業で中国企業と契約
中国のChina Telecomがさらに2支店で米Juniper Networksのエッジ・ルーター「ERX」を採用
中国CMCCと米モトローラ,中国における3G携帯電話サービスの研究開発で協力
エリクソンが機器とサービス供給で中国江蘇省と8億5000万ドル規模の契約
米モトローラと米シスコの合弁企業が北京に拠点を開設
「2005年の中国モバイル・データ通信ユーザーは1億1250万人」と米Yankee Group
「中国が躍進,携帯電話加入者数でQ3に米国を抜き首位に」と米In-Stat

[発表資料へ]