PR

 米MapInfo社はスウェーデンで無線位置情報サービスを手がけるMobilaris社と提携を結んだことを米国時間9月12日に発表した。

 提携を通じて両社は,MapInfo社のエンド・ツー・エンドの位置情報サービス・プラットフォーム「miAware」とMobilaris社のミドルウエア「Pacific Ocean」を統合して,無線通信事業者にエンド・ツー・エンドの位置情報サービス(LBS)ソリューションを提供する。

 同ソリューションにより,無線通信事業者は,シティ・ガイド,リアルタイムの交通情報,一番近いお店やレストランの検索などの幅広い位置依存型のアプリケーションをより短い時間で市場に投入できる。

 さらに,サービスの実装が経済効率良く実現できるようになり,投資回収率も向上する。また,すべてのタイプの顧客向けに効率的に差別化を図れるため,競争上の優位に立つことができるという。

◎関連記事
富士通SSL,Oracle8iとMapInfoを利用した位置情報活用システム
米TechnoComが無線位置情報システム向けサポート・プラットフォームをリリース
「2007年には位置情報サービスがモバイル・データ・サービス売上高の40%以上を占める」,英調査
NTTデータとCEC,SFAと地図情報システムの連携ソリューションを発売

発表資料へ