PR

 米3Comが米国時間9月19日に,2003会計年度第1四半期(2002年6月~8月期)の決算を発表した。売上高は3億500万ドルで前期と比べて10%減少。リストラ関連費用2300万ドルを含めた純損失は3200万ドル(1株当たり損失は9セント)となり,前期の1900万ドル(同5セント)から赤字を拡大した。前年同期の純損失は2億2300万ドル(同65セント)だった。

 粗利率は48%で,前期と比べて4ポイント上昇。営業支出は1億7200万ドルで,前期から1500万ドル縮小した。

 部門別でみた業績は以下の通り。

・Enterprise Networking部門:売上高は約1億9600万ドルで前期比約2%減。米大陸は前期比9%成長したが,EMEA(欧州,中東,アフリカ)の不振が部門全体の売り上げ低下に影響した。しかし,LANテレフォニ,無線およびモジュラ製品を合わせた売上高は前期比約9%増加した。

・Connectivity部門:売上高は約6800万ドルで,前期の9300万ドルから27%減少。OEM事業の低迷が主な要因である。

・CommWorks部門:売上高は約3600万ドルで前期から約800万ドル減少した。引き続き,電気通信サービス・プロバイダの支出抑制の影響を受けた。

 当期終了時点の従業員数は約4600人。前期終了時は約4900人だった。

 また,同社は2003会計年度第2四半期(2002年9月~11月期)の見通しについても明らかにした。売上高は前期比約5~8%減少する見込み。Connectivity部門の業績がさらに落ち込むとみる。Enterprise Networking部門はわずかながら成長し,CommWorks部門はほぼ横這いとの予測である。

◎関連記事
米シスコの2002年5月~7月期決算,前年同期比12%増収,大幅な増益
加ノーテルが2002年Q3業績予測を下方修正,さらなる従業員削減を計画
「ネットワーク装置ベンダーのブランド認知度,首位は米シスコ」,と米In-Stat/MDR
米3Comが主要市場に向けた戦略を強化,BCCとBNC事業部門を統合
米シスコがスイスコム・モバイルに無線ネットワーク・ソリューションを提供,スイスでホットスポットを100か所開設へ 
「広帯域接続市場,サービスの売上高は拡大するがCPEの売上高は減少」,と米調査
「ネット機器需要の回復は企業から」。アルカテルのチュルク会長が力説
「大手キャリアには光スイッチを用いたメッシュ型ネットワークが有利」,と米調査会社

[発表資料へ]