PR

 米Palm傘下のPalmSourceが米国時間9月26日に,同社のハンドヘルド機用OS「Palm OS」に米Good Technologyの企業向け無線メッセージング・システム「GoodLink」を対応させることで,Good Technology社と提携関係に入ったと発表した。

 GoodLinkの双方向無線同期機能をPalm OSで利用できるようにする。企業ユーザーはハンドヘルド機を使って,常に企業データや電子メールと同期を取ることが可能。PalmSource社とGood Technology社は技術だけでなく,プロモーションやマーケティングに関しても協力体制を敷く。

 GoodLinkはサーバー・ベースで同期化を行う。クレードルの装着やデスクトップ用ソフトウエアのインストールを必要としないため,「コストの節約につながる」(両社)。

 「PalmSource社とGood Technology社が手を組むことにより,我が社の顧客は有用な企業向けサービスを利用し,コスト削減を進めつつ,社員の生産性を高めることができる」(PalmSource社CEOのDavid Nagel氏)

 「Palm OSへの対応は,幅広いハンドヘルド機にGoodLinkを普及させるという我が社の戦略にとって重要だ。PalmSource社と協力し,企業分野で広く利用されているPalmOSに対応したGoodLinkの普及促進を図る」(Good Technology社CEOのDanny Shader氏)

 ちなみに米Gartner Dataquestの調査によると,Palm OSは世界中で企業向けに販売されたハンドヘルド機の50%以上を占めるという。

◎関連記事
米パームソースが「Palm OS 5」の最終版をリリース,「ライセンシに幅広い選択を」
米Palmが無線アプリケーション開発者向けにスマート・クライアント型のデータベース・アクセス・ソフトウエアを発表
大型商品不在のIT業界,“小”ヒット商品に走る
米マイクロソフトが「Windows CE .NET」の新版を発表,IPv6対応や性能向上など
「『Palm OS』機は『Pocket PC』機より年間コストを41%削減できる」,米パームが調査結果を引用
2002年Q2のハンドヘルド機器市場は前年同期比9%減,米HPが出荷台数ベースで2位に躍進
「2002年Q2のPDA市場,売上高ベースで米HPが米パームを抜いて首位に」,米データクエスト
2002年の世界のPDA出荷台数は18%増,米Gartnerが予測

[発表資料へ]