PR

 米Network Appliance社は米国時間10月1日に,同社の大規模企業向けソリューションに関して米Brocade社,米Oracle社,米VERITAS Software社との提携を拡大することを発表した。これにより,同社は,SANおよびNASストレージ環境に対応する幅広いストレージ・ソリューションの提供が可能になる。

 これらの提携は,同社が異なるストレージ市場へ参入することを促進するもの。同社のBrocade社とのOEM契約は,同社のSAN市場への参加を促進する。同日発表したOracle社と同社は,双方製品の利用とともに技術とサポート提携を引き続き拡張する。また,VERITAS Software社とは,FAS900シリーズとVERITAS Software社のストレージ管理,高可用ソフトウエア・ソリューションの相互運用性で協調している。

 顧客にとって,これら提携の拡張は,インフラ,アプリケーション,管理リーダー間でシームレスな統合を提供することにより,ネットワーク化したストレージの配備が容易になることを意味する。

 「単一の技術ベンダーで,すべての顧客のデータ・ニーズに応えることはできない。市場プレゼンスを増大し,企業全般に向けたストレージ製品を提供する上で,3社との関係は非常に価値がある」(同社マーケティングのシニア副社長のMark Santora氏)

◎関連記事
米Network ApplianceがDAFS対応のストレージを発表
ストレージ製品とPLMソリューションを統合,米Network Applianceと米EDS PLM Solutions社の提携で
ストレージ製品とPLMソリューションを統合,米Network Applianceと米EDS PLM Solutions社の提携で
「Linuxで動くSAPソリューション」,米Network ApplianceがSAP Linux Labsと共同で開発

発表資料へ