PR

 米AMDが米国時間10月2日に,2002年第3四半期の決算が事前の予測を下回る見込みであることを明らかにした。2002年第2四半期決算の報告時には,第3四半期の売上高が第2四半期の約6億ドルからわずかに増加すると予測していたが,約5億ドルにとどまる見通しだ。これにより,「第3四半期は大幅な営業損失を報告することになる」(AMD社)という。

 「フラッシュ・メモリー事業は回復しており,売上高も2四半期連続して増加しいている。しかし,個人向けコンピュータ市場の不振が,引き続き我が社の業績に影響した」と,AMD社CFOのRobert J. Rivet氏は説明した。「パソコン需要に大きな改善がみられなかったので,プロセサの在庫縮小を進めた。そのため,第3四半期におけるプロセサの販売個数,売上高,平均販売価格が打撃を受けた」(同氏)

 また同氏は,「第4四半期は,季節的な要因により需要回復が見込めるだろう」と楽観的な見解を示した。

 ちなみにAMD社の2002年第2四半期の売上高は6億29万9000ドル,純損失は1億8493万8000ドル(希薄化後の1株当たり損失は54セント)だった。

 2002年第3四半期の正式な決算発表は,2002年10月16日に行う予定である。

◎関連記事
米AMDの2002年Q2決算,PC市場低迷により売上高が前期比33%減,赤字が1億8000万ドルに拡大
米AMDの2002年Q2決算,PC市場低迷により売上高が前期比33%減,赤字が1億8000万ドルに拡大
米AMDの2002年Q1決算,「Athlon XP」は好調だがフラッシュ・メモリーは不振
米インテルが2002年Q3業績見通しの中間修正を発表,売上予測範囲を下方修正
米インテルが2002年Q2決算を発表,2002年後半に4000人の人員削減を予定
米インテルがQ1決算を発表,売上高68億ドルで中間修正の予測通り
米トランスメタが2002年Q2決算を発表,売上高が前年同期から82%増の750万ドル
米IDCが2002年と2003年の世界パソコン出荷台数予測を下方修正,「春先の勢いが消え去った」

[発表資料へ]