米Priceline.comはオンライン自動車販売の米Autobytelと提携し,同社の自動車販売サイトを拡充したと米国時間10月3日,発表した。Priceline.com社のユーザーに対し,Autobytel社の運営する全米ディーラー・ネットワークと中古車販売オンライン・リストへのアクセスなどを提供するという。

 「変動する販売価格,メーカーの割引き,安全性格付けといった情報に加え,3つの購入手段を提供する」(Priceline.com社)

 この3つの購入手段とは,(1)Autobytel社の運営するディーラー・ネットワークから新車/中古車の見積もりを受け取れるサービス,(2)購入者が希望価格を指定し,Priceline.com社提携の地域ディーラーに条件に合った新車を探してもらえるサービス,(3)Autobytel社中古車リストの閲覧サービス,である。このうち(2)が有料サービスとなり,実際に自動車を購入した際に一律50ドルかかる。ディーラーからの返事や見積もりは通常,翌営業日までに提供するという。

 また同サイトでは,ユーザーが希望の自動車に関するさまざまな情報を収集できるようにする。例えば希望の車種,色,オプションといった情報に加え,メーカーの希望小売価格(MSRP),ディーラーの購入価格,Priceline.com社独自のアドバイスなどである。

 このほかサイトには,全米高速道路交通安全委員会(National Highway Traffic Safety Administration)や米国高速道路安全保険協会(Insurance Institute for Highway Safety)の安全性格付け,衝突試験結果のリンクも設ける。さらに自動車ローン,自動車保険も用意するなど,ユーザーの自動車購入をさまざまな角度からバックアップしていくという。

◎関連記事
「検索エンジンはGoogle,ポータルはYahoo!,ニュース・サイトはABCNews.com」,米ForeSeeが電子商取引企業に対する顧客満足度を発表
薄日が差し始めた米Eコマース業界,成功の要因と課題を分析する
プライスラインと米イーベイ,旅行予約サービスで提携,「オークションでチケット予約を」
「米国オンライン販売,8月は2カ月ぶりに増加」,米NextCardの調査
米国同時多発テロ,一様ではないIT企業への影響
サード・パーティが強い自動車関連サイト,メーカー・サイトも追い上げ急
「危険は分かっていても止められない,運転中の携帯電話」,米Autobytelの調査
Priceline.comの7月度自動車販売トップ10,ホンダ,トヨタが上位は不変

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]