PR

 米EMCが米国時間10月3日に,2002年第3四半期決算の速報値を発表した。売上高は約12億5000万ドル,1株当り損失は2セントとなる見込み。ちなみに前期の1株当り損失は1セントであった。

 EMC社は,正式な2002年第3四半期決算を10月17日に発表する予定である。

 同社はこれまで継続的にコスト削減を図っており,当期における現金および資本が1億ドル以上増加したという。しかし,企業によるIT支出の低迷が続いていることに影響を受け,約7%の人員削減を含むコスト構造見直し策をさらに続けるとしている。これにより同社の従業員数は,合計で約1万7000人となる。

 「IT支出の状況は相変わらずひどい。当期終了直前に,さらに悪化してしまった。それまでは,我が社の事業は目標通り進んでいた」(EMC社社長兼CEOのJoe Tucci氏)

 またEMC社は,2001年5月の5000万株に続き,2億5000万株の株式買戻しを同社役員会が同日承認したことを明らかにした。買戻しは,10月17日に行う第3四半期決算の正式発表後に実施する。

◎関連記事
米EMCの2002年Q1決算,前期比14%減収で赤字額拡大
米EMCと米オラクル,ストレージ・ネットワーク関連の共同サービス・センター「Oracle and EMC JSC」を開設
米EMCがネットワーク・ストレージ製品をミッドレンジとロウエンド市場に拡張
米EMC,米シスコ,米オラクルの共同事業「ECOstructure」,ソリューション・ガイド第4弾を発表
デル,SAN対応ストレージをEMCのOEMに統一
米EMC,米HPをストレージ技術の特許侵害で逆提訴
「2002年ストレージ市場は大きな成長はなし。ただしSAN/NASは健闘」,米企業の調査
2001年の世界ストレージ管理ソフト市場,米EMCが首位を維持

[発表資料へ]