PR

 イスラエルのCheck Point Software TechnologiesとフィンランドのNokiaは米国時間10月7日,両社の製品を組み合わせたセキュリティ・ソリューションの販売に関して提携を結んだことを明らかにした。

 提携のもと,Nokia社はCheck Point社のソフトウエア「VPN-1/FireWall-1」の全製品に関するソフトウエア・ライセンスやソフトウエア登録,サポート・サービスなどを販売する。Nokia社の「Nokia IP Series」アプライアンスおよびCheck Point社のクライアント管理ソフトウエアと組み合わせる。

 また,Nokia社の一部のネットワーク・セキュリティ・アプライアンスとネットワーク管理ソフトウエア「Horizon Manager」,Check Point社のソフトウエアをバンドルする。

 Nokia社は顧客にCheck Point社ソフトウエアへの登録を推奨し,Nokia社のアプライアンスとサポート・サービスを組み合わせて提供する。「人気の高い組み合わせを,顧客は‘ワンストップ’で簡単に調達できる」(両社)

 両社製品のバンドル・ソリューションは,日本を除く各地域で両社の販売チャネルを通じて即座に入手可能になる。

 今回の提携は,両社の関係を拡大するもの。両社は2001年12月に,販売,エンジニアリング,マーケティングに関して協力体制を敷くと発表している。

◎関連記事
イスラエルのチェック・ポイントが,“動的防御”のセキュリティ・ソフト「SmartDefense」を発表
ノキアがオリックスのアイルランド法人にVPNとIPセキュリティのプラットフォームを提供
米McAfee.comが消費者/小企業向けファイアウオール・サービスを発表,「アプリ識別/データ送信阻止機能でデータ保護を強化」
「企業のセキュリティ関連支出が増加」,米Vista Researchの調査
「2002年のセキュリティ・ソフト世界市場は前年比18%増の43億ドル規模に」,米調査
「企業向けセキュリティ分野でVPNとファイアウォールが急成長」と米In-Stat
「2003年までにIP-VPN技術の普及は3倍に」,米Yankeeが調査結果を発表
「IP VPNサービス市場は2006年まで年平均33%で成長」,米In-Stat/MDRの調査

[発表資料へ]