電子ライセンスの技術の米Macrovision社は,企業のソフトウエアのライセンスを管理するソフトウエアの新版「FLEXlm 8.2b」を米国時間10月7日に発表した。「Microsoft Windows XP Logo Program」と「Solaris 9」に対応しており,独立系ソフトウエア・ベンダーは,直ちに利用できる。

 FLEXlm製品を使用しているソフトウエア・ベンダーは,「Microsoft Windows XP Logo Program」仕様で説明された要件の概要に合った製品を開発するために,新版にアップグレードできる。新版は,「Designed for Microsoft Windows XP」ロゴ取得の要件への準拠を支援するように強化している。

 同時に,新版では最新の「Sun Solaris 9」オペレーティング・システムとの互換性を保つための変更も提供している。現在FLEXlmで管理を行っているベンダーは,Solaris 9上におけるアプリケーションの動作を確保するためサポートにコンタクトして準備することができる。

◎関連記事
米Warner Home VideoがDVDに米Macrovisionのアナログ複製防止技術を採用
映像コンテンツ向け電子透かしを一本化,対立2グループが融合し業界団体
PhilipsとDigimarcが電子透かしの技術開発で新会社
マイクロソフト製品の複雑なライセンスを効率よく管理するツールが登場
企業にのしかかる大量パソコンの管理,効率的な“自衛策”が課題に
Solaris 9の国内出荷開始,Webサービスに必要な機能を統合

発表資料へ