PR

 米Borland Softwareと米Starbaseは米国時間10月9日に,Borland社がStarbase社を買収することで最終合意に達したと発表した。1株当たり2ドル75セントの公開買い付けによる買収で,総額は約2400万ドル。すべて現金で支払われる。

 Starbase社はカリフォルニア州サンタアナに拠点を持つソフトウエア管理技術プロバイダ。世界中で4200社以上の顧客がStarbase社の製品を導入し,アプリケーション・ソフトウエアおよびコンテンツの開発,変更や設定管理などに利用しているという。

 Borland社副社長兼CFOのFrederick A. Ball氏は,「Starbase社買収によりシナジー効果が生まれ,より多くの収益を得ることができるだろう」と述べた。また,同社社長兼CEOのDale L. Fuller氏は,「ソフトウエアの設計から開発,テスト,導入まですべての段階を一貫したソリューションに統合するという我が社の目的に取り組む」と説明した。

 「Borland社は,我が社の技術を最大限に活用し,市場に提供できる経営チーム,財務手腕,世界規模の配信ネットワークを抱えている。Borland社とStarbase社の技術を組み合わせることで,アプリケーションのあらゆる開発段階における生産性向上を実現する」(Starbase社社長兼CEOのJames Harrer氏)

 買収取り引き完了後,Starbase社の製品はBorland社の直接および間接チャネルを通じて購入可能になる。

 取り引きが2002年第4四半期に完了した場合,Borland社は2003年に3000万ドル~3500万ドルの収入増加を見込むとしている。

◎関連記事
米Starbaseが「Visual Studio .NET」とシームレスに統合する編集システム「CodeWright」を発表
Linux向けの .NETツールを開発している――米BorlandのCEOが語る
米ボーランドが「Borland C++Builder 6」を発表,Windows/Linuxアプリ開発を可能に
米BorlandがMicrosoftから独立した方法で.NETアプリケーションの開発が可能な「Delphi 7 Studio」を発表
米BorlandがKylix 3を発表,C++での開発が可能に
Visual Studio .NET次期版はWindows .NET Serverと互換性を持ち,.NET Compact Frameworkにも対応
米BEAがアプリケーション開発/統合プラットフォームの新版「BEA WebLogic Platform 7.0」を今月末にリリース
「.NET」と「Java」に二分されるWebサービスのプラットフォーム,来年はともに約60%の開発者が使用

[発表資料へ]