PR

 米AOL Time Warner傘下の米Warner Music Group(WMG)と米AT&T Wirelessは米国時間10月16日,AT&T Wirelessのおよそ2000万人の携帯電話加入者に向けて幅広いデジタル音楽コンテンツを提供することで提携関係を結んだことを明らかにした。

 契約のもとに,AT&T Wirelessの加入者は,音楽クリップ,アーティストのニュース,ツアー・スケジュール,アーティストの写真に携帯電話からアクセスできるとともに,着信音とCDを購入することもできる。

 今回の提携は,大手音楽会社が包括的な音楽サービスの提供で初めて大手無線通信事業者と提携したものとなっている。AT&T Wirelessは同日,モバイル・チャネル「Warner Music」を開設しており,米国の加入者は,Atlantic,Elektra,Warner Bros.,Maverick,Lava,Rhino RecordsなどのWMGレーベルからのコンテンツにアクセスできるようになる。ユーザーは携帯電話のmMode,または携帯電話のキーまたは音声で「#121」にダイヤルすることによりモバイル・チャネルにアクセスできる。

◎関連記事
米ワーナーミュージックと米リオポートがデジタル音楽の販売で提携,「1曲99セントから」
米AOL,音楽サービス「AOL Music」の人気番組「Sessions@AOL」を広帯域向けに一新
米Disneyが米国のモバイル・サービスのコンテンツ市場に参入,米SprintのPCS Visionと米AT&TのmMode向けにコンテンツを提供

発表資料へ