PR

 米IBMの社長兼CEOのSam Palmisano氏は主要顧客企業幹部を集めた経営説明会で,今後同社が顧客企業のコンピュータ環境を支援する事業に対し,100億ドルを投資する計画であることを米国時間10月30日,発表した。

 会場で同氏は,将来のコンピュータ環境のビジョンについて説明した。その鍵となるコンセプトは「オンデマンド・コンピューティング」という。

 その基盤となるのは「パワフルで自己修復機能を備えたコンピュータからなる巨大なネットワーク」と同氏は説明する。「こうしたネットワークやグリッド・コンピューティングなどの技術進歩により,将来,企業はコンピューティング・パワーをオンデマンドで購入できるようになる」(同氏)。それはちょうど我々が電力を買うようなものだという。

 このビジョンを推進するため,IBM社はオンデマンド事業部門を設置する。100億ドルという資金は研究開発,各種の取り組み,企業・技術買収などに充てる。

 同社が計画している最初の取り組みは,米国や日本をはじめとする世界の各地に「On-Demand Design Center」を設置すること。これは顧客企業が最新の技術に触れることができる拠点となる。顧客が新たなコンセプトや製品の検証をここで行えるようになる。また同社のコンサルティング・サービスでは,顧客能力/ニーズの評価サービスも提供していく。

 なお米メディアによると,同社はこのオンデマンドのコンセプトを一般に広めるため,大規模な広告キャンペーンを展開していくという。オンデマンド事業部門の担当幹部は11月の第1週にも任命する予定である。

◎関連記事
サーバー・インフラの世界で起こる静かな革命――PBCSとは?(2)
米IBMが分子による“ドミノ倒し”で動作するコンピュータ回路を開発,「大きさは最新LSIの26万分の1」
米IBM,自律型コンピューティング・システムに関する部門「Autonomic Computing」を設立
「サンから主導権を取り戻せ」 米IBMがeLiza計画に込めた狙い
米IBMが「DB2 version 8」のベータ版を一般提供,「自己管理機能により,管理作業の負荷を軽減」
米IBMが米エネルギー省と共同グリッド・コンピューティング計画を発表
米IBMがeビジネス用システムを管理する新サービスを開始
米IBMと米エネルギー省が200テラFLOPSのスーパーコン開発で協力,2005年完成予定