米3Comと米Intelの子会社米Xircomが争っていたPCカード製品を巡る特許訴訟が和解に達した。3Com社,Xircom社,Intel社の3社が米国時間11月12日に明らかにしたもの。

 この和解契約では,これまで両者間で争っていた3つの訴訟を対象とする。すなわち,3Com社がXircom社に対して起こしていた1件の訴訟と,Xircom社が3Com社に対して起こしていた2件の訴訟である。

 これにより,双方は同意判決に従って,Xircom社が3Com社に対し1500万ドルを支払うことで合意に達した。同時に両社は当該特許についてクロスライセンス契約を締結する。Xircom社が3Com社に対して起こしていた訴訟については,Xircom社が訴訟を取り下げることで解決する。

 「Intel社との特許訴訟で和解できたこと,またIntel社との今後のビジネス関係を強化できることをうれしく思う。今回の和解で,3Com社の特許が優れていること,我々の特許保護体制が強固なものであることが明確に示された」(3Com社上級副社長のMark Michael氏)

 Xircom社はIntel社が2001年に買収した通信用PCカードを手がける会社。3Com社は2000年5月,「RealPort」や「RealPort2」といったXircom社のPCカード製品,26種が3Com社の特許を侵害しているとしてユタ州の連邦地裁に提訴していた。Intel社がXircom社を買収する半年前のことである。

 3Com社はその後,該当する製品について仮差し止め命令を請求した。裁判所は2002年3月に「Xircom社が3Com社の特許を侵害している可能性がある」との判断を示し,2002年7月,3Com社の請求していた仮差し止め命令を認めた。これに対し,Xircom社はこの命令の猶予措置を求めていたが,後にその要求は退けられた。

 3Com社が問題としていたのは,米国特許番号「6,146,209」のクレーム29。同特許は1997年8月に申請し,2000年11月に成立している。

◎関連記事
米スリーコムと,米インテル子会社ザーコム社の特許訴訟,連邦地裁がザーコム社の要求を却下
米インテルが通信PCカードや超小型PDAの米ザーコムを7億4800万ドルで買収
STマイクロ,半導体製造技術に関する特許侵害で米ブロードコムを提訴
米ソニックブルーと米TiVoがDVR特許訴訟で和解,「両社の活力を市場の拡大に向ける」
加RIM,キーボード関連の特許技術を米パームにライセンス供与
NTTドコモ,エリクソン,ノキアなどがW-CDMA向け特許ライセンス料算定方式で合意,「ロイヤルティを5%程度に抑える」
米アドビと米マクロメディアの特許紛争が終結,「ユーザーには影響を与えない」
米エコスターが特許侵害訴訟で勝訴,「米ジェムスターの特許は侵害されていない」

[発表資料へ]