PR

 米WorldComは米国時間11月15日,同社会長兼CEOに元米Hewlett-Packard(HP)社長のMichael D. Capellas氏を任命したことを明らかにした。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,同氏は12月2日からCEOとして指揮をとるという。

 Capellas氏はかつて米Compaq Computerの会長兼CEOを務め,Compaq社とHP社合併後にHP社社長に就いていた。HP社は11月11日に同氏の社長退任を明らかにしている。

 Capellas氏は,「WorldCom社がこの業界で主導的地位を取り戻せるだけの資産,顧客,人材を所有していると確信し,この仕事を引き受けた。我々はまず,信頼を回復し尊敬を勝ち取らなければならない。過去に培った強みを活かし,有望な将来に目を向けた新たな会社をスタートする」と語った。

 ちなみに,WorldCom社は「会社の信用回復と実直な事業体制およびビジネス・プラクティスの再建に向けた施策」(WorldCom社)として,新たなCEOとCFOの任命,会計部門の再編,社内監査部門のスタッフ倍増といった計画を発表している。なお,WorldCom社は現在14億ドル以上の現金を所持しているという。

 新CEO選出に取り組んでいた現WorldCom社CEOのJohn Sidgmore氏は「Capellas氏がCEO就任を承諾してくれたので,わが社の未来は明るいと確信する。彼のリーダーシップがもたらす成果が大変楽しみだ」と述べた。

◎関連記事
米HP社長のCapellas氏が退任へ,米ワールドコムCEO後継との噂も…
米ワールドコムが新人事など社内再編成について発表,「会社の信用回復を目指す」
米ワールドコムが無線サービス再販事業から撤退へ,約2200人を削減
米ワールドコムが再建への第一歩を踏み出す,7億5000万ドルの融資を裁判所が承認
米ワールドコムが米破産法11条の適用申請
世界経済を揺るがす米ワールドコムとはどんな企業だったのか
【米国最新IT事情】崩壊する米国製グローバル・スタンダード――ワールドコム粉飾決算がトドメを刺す
ついにあの“インターネットの名門”までも――米ISP御三家,最後の1社も窮地に

[発表資料へ]