PR

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間11月20日に,2002会計年度第4四半期(2002年8月~10月期)の決算を発表した。売上高は180億ドルで,前期の165億ドルに比べ9%増加した。

 会計原則(GAAP)ベースの希薄化後1株当たり利益は13セントで,前期の損失67セントから黒字に転換した。前年同期のGAAPベースの希薄化後の1株当たり損失は17セントだった。

 一時的な費用を除いた場合の1株当たり利益は24セントで,前期の14セント,前年同期の8セントに比べ増加した。

 なお前年同期のデータは,HP社と米Compaq Computerの業績を合わせたものである。

■2002年5月~7月期の業績(前期,前年同期との比較)
----------------------------------------------------------------------
                          2002年          2002年         2001年
                        8月~10月期     5月~7月期     8月~10月期
                                         (前期)      (前年同期)
----------------------------------------------------------------------
売上高                   180億ドル       165億ドル      182億ドル
----------------------------------------------------------------------
一時的な費用を除いた
営業利益率                 4.9%           3.2%          1.7%
----------------------------------------------------------------------
営業利益率                 2.4%        (15.0%)      (1.0%)
----------------------------------------------------------------------
一時的な費用を除いた
希薄化後の1株当たり利益   24セント        14セント        8セント
----------------------------------------------------------------------
GAAPベースの
1株当たり利益             13セント      (67セント)   (17セント)
----------------------------------------------------------------------
出典:HP社

 当期の業績を事業別でみた場合,家庭/企業向けイメージングおよび印刷機器,デジタル画像処理/パブリッシング装置,コンサルティング・サービス,関連サプライを含むイメージングおよびプリンティング事業の売上高は56億ドルで,前期比18%増,前年同期比12%増だった。

 企業/消費者向けパソコン,ワークステーション,ノート・パソコン,ハンドヘルド機器,DVD+RWドライブなどの個人向けシステム事業は,売上高が51億ドル。前期比6%増だが,前年同期に比べると6%減少した。このうち,消費者向けパソコンの売上高は前期比16%増,前年同期比13%減。企業向けパソコンの売上高は前期比3%増で,前年同期からは変化がない。

 管理ソフトウエア,マルチプラットフォーム・ストレージ,業務用サーバー,業界標準サーバーなどさまざまなシステムを取り扱う大規模システム事業の売上高は41億ドルで,前期比8%増だが前年同期比は5%減。

 顧客サポート,マネージド・サービス,コンサルティング/インテグレーションを含むサービス部門の売上高は31億ドルで,前期比4%増,前年同期比3%減だった。3つの業務すべてで堅実な成長を果たしたという。

 「売上高が全事業および全地域で前期に比べ増加した。また大規模システム事業,個人向けシステム事業,サービス部門,イメージングおよびプリンティング事業では,営業利益も増えた」(HP社会長兼CEOのCarly Fiorina氏)

 「Compaq社との合併から6カ月経過し,報奨制度を統一した販売体制を全世界で完了した。さらに,全事業目標の達成または突破,100以上の新製品リリース,約1400件の新規特許取得,3年先までの製品ロードマップ発表,製品系列の整理といった成果をあげることができた」(同氏)

 なおHP社は,2003会計年度第1四半期(2002年11月~2003年1月期)の売上高を184億ドル,一時的な費用を除いた1株当たり利益を27セントと予測している。

◎関連記事
米HPが合併後初の決算報告,売上高165億ドルで前期比9%減収,GAAPベースで赤字を計上
米HPが新会社として事業をスタート,事業体制や製品ロードマップを明らかに
米デルの2002年8~10月期決算,前年同期比22%増収31%増
米サンの2002年7月~9月期決算は純損失1億1100万ドルで再び赤字に。11%の人員削減も発表
米IBM,2002年3Q決算。売上高198億ドル,17億ドルの黒字
米デル強し!停滞する2002年Q3の世界パソコン市場で出荷台数が20.7%増加
世界ワークステーション市場は2四半期連続で出荷台数増加,「しかし完全に危機を脱したわけではない」
「2002年Q3の世界サーバー市場は50億ドル規模,2001年初頭以来初めてのプラス成長」,と米IDC

[発表資料へ]