PR

 米Roxioは米Napsterの全資産の買収を完了した。Roxio社が米国時間11月27日に明らかにしたもの。

 この買収によりRoxio社は,Napster社の名称,商標,ドメイン名,技術特許を含むすべての知的財産を取得する。ただし,進行中の訴訟といった責務はいっさい負わないとしている。

 なお米メディアの報道(InfoWorld)が伝えるところによると,買収に当たりRoxio社は530万ドル相当を現金と株式で支払ったという。

 Napster社の今後の業務計画について同社は,「数カ月後に発表する」という説明にとどめている。

 Roxio社は,デジタル・メディア処理のソフトウエアを手がける企業。カリフォルニア州サンタ・クララに本社を置く。もともとは米Adaptecのデジタル・メディア事業子会社だった。現在,CD-ROM/DVD作成ソフトウエア「Easy CD Creator」「Toast」や,デジタル写真編集ソフトウエア「PhotoSuite」,デジタル・ビデオ編集ソフトウエア「VideoWave」,システム復旧ソフトウエア「GoBack」といった製品を提供している。

◎関連記事
米ロキシオが米ナップスターの全資産を買収,「ただし訴訟などの責務は負わない」
米Roxioと英EMIがCDへの音楽コンテンツ複製で提携,違法コピー防止技術も開発へ
米リッスン・ドット・コムが2大レコード会社と契約,合法的にCD記録できる音楽配信サービス
「DRM技術を巡り,ハイテク業界とコンテンツ開発業界が対立」,米In-Stat/MDRの調査
Napster裁判の“歴史的”意義を考える,21世紀の技術開発に一石
「大手レコード会社は音楽配信のメリットをよく理解していない」と米ガートナー
音楽有料配信サービスは2006年にデジタル音楽市場全体の約63%,売上高10億ドルに 
「2006年には米音楽市場の1/3がオンラインからの売り上げ」と米Media Metrix

[発表資料へ]