PR

 米AMDが米国時間12月5日に,2002年第4四半期の業績見通しを上方修正した。同社は同期の売上高が7億ドル近くまで達するとみており,前期の5億800万ドルに比べ約35%の増収になるとの見込みを示した。

 ちなみに第3四半期終了時点(9月29日)の事前予測では,前期比20%強程度の増収としていた。

 AMD社は上方修正の理由として,パソコン向けプロセサ製品系列に対する需要が予想以上に高かったことと,高密度フラッシュ・メモリー製品の好調が継続していることを挙げている。「フラッシュ・メモリー製品の売上好調が続いており,特にハイエンド携帯電話機市場でその傾向が強い」(同社)

 パソコン向けプロセサの需要が予想を上回ったことについては,「競争力が高く高機能な製品の品揃えに,パソコンに対する季節的な需要増加が重なった結果」(同社)と分析する。

 AMD社は,2002年第4四半期の正式な決算を2003年1月16日に発表する予定である。

◎関連記事
米AMDが2002年Q4の業績見通しを発表,「フラッシュ・メモリーが好調で前期比20%の増収に」
米AMD,米国,欧州,アジアで大規模なリストラ策。全従業員の15%にあたる2000人を削減へ
米AMDの2002年Q3決算,前年同期比34%減収で赤字を拡大
米インテルが2002年Q3決算を発表,売上高65億ドルで下方修正の範囲内
米トランスメタが2002年Q3決算を発表,売り上げが伸び悩み,2180万ドルの赤字
2002年10月の世界半導体市場は前月比1.8%増,無線分野が好調
米デル強し!停滞する2002年Q3の世界パソコン市場で出荷台数が20.7%増加
米IDCが2002年と2003年の世界パソコン出荷台数予測を下方修正,「春先の勢いが消え去った」

[発表資料へ]