PR

 英Cable & Wireless(C & W)が米国時間12月9日に,米Movielinkとオンラインの映画ビデオ・レンタル・サービスに関して提携を結んだことを明らかにした。Movielink社は,広帯域接続を介してパソコン・ユーザーにフルバージョンの映画を配信するサービスを2002年11月11日に開始している。

 提携のもと,C & W社とMovielink社は協力体制を敷き,大容量のコンテンツを保存可能なコンテンツ配信インフラを構築する。具体的には,C & W社が米国各地に所有するキャッシング・サーバーとストレージ機器を利用する。「ユーザーが各地からインターネットを介して,安全で確実に映画をダウンロードできるようにする」(両社)としている。

 「我が社は膨大なコンテンツを所有しており,それらをユーザーに提供するためのニーズに対応したストレージ,キャッシング,コンテンツ配信能力を備えたサービス・プロバイダを求めていた。C & W社のコンテンツ配信ネットワークを利用することにより,我が社は信頼性の高いサービスを提供し,多くのリピータを獲得できるだろう」(Movielink社CEOのJim Ramo氏)

 ちなみに米InStat/MDRによると,オンライン映画ビデオ・レンタル・サービスのユーザーは2006年に1700万人を超えるという。

◎関連記事
MGM,Paramount,Universal,ソニー,WBの映画をダウンロード配信するインターネット映画レンタル・サービスを開始,2.99ドルから
「DRM技術を巡り,ハイテク業界とコンテンツ開発業界が対立」,米In-Stat/MDRの調査
「映画産業の生きる道はデジタル化とVOD」と米フォレスターが予測
「広帯域ユーザーがけん引するIPベースのVOD市場,2006年には19億ドル規模」と米調査
2002年末までに北米の480万家庭がVODに対応,米ABIが予測
「2008年の米国VOD市場は2002年の約29倍に」,米企業の調査
「米国でブロードバンド対応有料サービスの潜在需要は高く,市場規模は250億ドル」---米調査会社
米国世帯の10%が広帯域接続,しかしVODの急速な普及は2005年から

[発表資料へ]