米Gartner社が米国時間12月10日に,投資専門家向けのメンバーシップ・プログラムの発足を発表した。「Gartner Investment Professionals Membership Program」は,投資専門家,投資目録の管理人,株式研究アナリストに需要と供給側の技術リサーチのレポジトリを提供する。

 「同社は株式調査アナリスト,投資銀行家,投資家たちに,技術部門と企業の分析を長年提供してきた。同プログラムは,株を取り上げて勧めるものではなく,特定の市場部門の状況とともに,現在の市場シェア,予測,アナリストによる洞察を提供する」(同社)。

 同プログラムで提供されるのは次の通り。

・同社のすべての技術調査と分析へのアクセス
・同社リサーチのライブ・ガイドを行うビジネス・アナリストによる案内サービス
・投資専門家向けのパーソナルなWebポータル
・現在の市場の状態,変曲点の予測,技術と企業に関するディスカッションを行う「Sector Briefing」と呼ばれる半日間のセッション
・同社アナリストとのビデオ会議

 同社のアナリストは,カバーする部門の企業の株式は一切保有していない。調査範囲は,グローバルで分野としては半導体からサービスまですべての技術関連のトピックをカバーする。

◎関連記事
「戦争の脅威は投資行動に影響を与えない」,米ShareBuilder Securitiesが調査結果を発表
「テロ後1年や企業改革法は投資行動に影響しない」,米E*TRADE Groupの調査

発表資料へ