SourceForge.netなどを運営する米Open Source Development Network(OSDN)社が米国時間12月11日に,米Nielsen//NetRatingsが実施した最新の@Plan広告レポートにおいて,8つの主要技術部門でOSDNが第1位にランクされたことを発表した。これは,それぞれの部門で,OSDNに掲載した広告からの集客がもっとも多かったことを示す。

 @Plan広告レポートで第1位を獲得した8部門は次の通り。

・オンラインで技術ニュースを求める訪問者
・オンラインでハードウエアを購入する訪問者
・オンラインでソフトウエアの物色と購入を行う訪問者
・開発ツールを購入する訪問者
・インターネットのアクセスに携帯電話/PDAを使う訪問者
・ブロードバンド接続を利用する訪問者
・家電製品をオンラインで購入する訪問者
・オンラインで任意の製品を購入する訪問者

 OSDNは,多数の@Planカテゴリにおいて,競合サイトよりも優れた結果を収めており,特にその傾向は,ビジネス部門で顕著である。OSDNに対するトップ5の競合サイトと比較した場合,OSDNのインデックス指数は,シニア・マネジメントでは41ポイント高く,開発者ツールを購入した訪問者では,インデックス指数が98~688ポイント高い。オンラインでハードウエアを購入する訪問者では98~219ポイントの範囲で高く,事務用機器をオンラインで購入する企業の訪問者も第1位だった。

 「OSDNは,Nielsen//NetRatings @Plan調査で過去12カ月において主要技術部門で第1位にランクされている。これは,OSDNがシリアスなIT購入者オーディエンスに達していることと,コミュニティが最新のITニュースと情報だけでなく,自分の組織のために購入する製品とサービスに関するヘルプとアドバイスでもOSDNに依存していることを明確に示している」(同社のシニア・バイス・プレシデント兼ジェネラル・マネージャのRichard French氏)。

 @Planサービスは,インターネット・メディアのプランニング,購入,販売に向けたターゲット・マーケティングのプラットフォーム。@Plan調査は,4万名を越える18歳以上の成人インターネット・ユーザーを対象として,過去30日に訪問したWebサイトを調査している。

◎関連記事
オープン・ソースのポータル「SourceForge」日本版が4月開設
米VA Linuxがハード事業から撤退,大規模な組織再編でアプリ・ソフト事業に専念

発表資料へ