米Lucent Technologies社が既存の提携関係をもとに,無線通信サービス事業の米United States Cellular(U.S. Cellular)社と,第3世代(3G)CDMA 1XRTTインフラ設備と専門サービスで1億ドルの契約を結んだ。Lucent Technologies社が米国時間12月17日に発表した。同ネットワーク設備は,同年10月に開始したU.S. Cellular社のCDMA 1XRTT技術への移行をサポートするもので,2004年に完了が予定されている。

 5年間の契約のもとにLucent社は,同社が提供したU.S. Cellular社の既存の基地局のアップグレードとともに新しい基地局の追加により,無線サービス・プロバイダであるU.S. Cellular社のCDMA 1XRTT提供をサポートする。またLucent社は,U.S. Cellular社が無線ネットワークに同技術の配備を続ける中で,エンジニアリング,インストレーション,その他の専門サービスも提供する。

◎関連記事
IT業界で“最も潰れてはいけない企業”,Lucent Technologiesが最大の危機に
米ルーセントの2002年Q4と通年の決算発表。2003会計年度末までに生産性の回復を目指す
「来年は海外でもいろいろ動きがある」。ドコモ社長,W-CDMA商用化への期待を強調
「2002年9月末のCDMA加入者数は1億3500万人,約18%がCDMA2000ユーザー」,と業界団体

発表資料へ