PR

 米Googleと米Sprintが米国時間12月18日に,無線対応の画像検索サービス提供について明らかにした。Sprintの通信サービス「PCS Vision」で,Google社の検索エンジンを利用可能にする。

 「Google」検索エンジンは,これまでSprintの「PCS Wireless Web」サービスで利用可能だったが,検索対象はテキスト・ベースのWWWサイトと情報に限られていた。PCS Visionでは,フルカラーの写真を閲覧したり,画像付きのWWWサイトおよび情報にアクセスすることができる。PCS Visionはパソコンのダイヤルアップ接続と同等の通信速度を提供し,個人および企業電子メールへのアクセス,和音着信メロディやフルカラー・ゲームのダウンロード,写真の送受信が可能。

 ユーザーはPCS Vision対応携帯電話機を使って,有名人の画像を検索したり,売りに出されている車の詳細を見たり,色付きの図を含むタウン情報を入手することが可能。約4億点のWWW画像と30億を超えるWWWページから検索できる。

 「鮮明な画像を検索および閲覧する機能は,携帯電話機を単なる通話に利用するだけでなく,もっとさまざまに役立てるための価値ある材料となる」(Sprint社PCS消費者マーケティング部門バイス・プレジデントのChip Novick氏)

 「今回の発表は,幅広いモバイル機器への革新的で強力な検索サービスの提供に取り組むGoogle社の姿勢を示すものだ」(Google社Worldwide Sales and Field Operations部門上級バイス・プレジデントのOmid Kordestani氏)

◎関連記事
米AT&Tが米グーグルの検索技術を採用
「検索エンジンはGoogle,ポータルはYahoo!,ニュース・サイトはABCNews.com」,米ForeSeeが電子商取引企業に対する顧客満足度を発表
米AOLがGoogleの検索エンジンを採用した新しい「AOL Search」を発表
「Google」日本語サイトに画像検索機能を追加,Google Toolbarの配布も開始
「無線イメージングの世界ユーザーは年平均93%で増加,2007年には1億6000万人超」,米企業の調査
「2006年のイメージング機能付き携帯機器の出荷台数は世界で1億5100万台に達する」,米IDCの調査
モバイル通信の業界団体OMAがモバイル・ネット仕様策定推進団体MWIFを吸収
ノキア,米MS,米サンなどがモバイル業界団体「OMA」を結成,WAP Forumを吸収

[発表資料へ]