PR

 カナダのInfowave Softwareは米Microsoftと協調して,移動体通信事業者向けソリューションの開発,マーケティング,販売を行う。Infowave Software社が現地時間1月9日に発表したもの。

 同ソリューションは,「Windows Powered Microsoft Pocket PC」や「Windows Powered Microsoft Smartphone」といったMicrosoft製のモバイル・デバイスのプラットフォームをベースとする。移動体通信事業者に向けて,加入者の無線データ利用を増加させるための包括的なソリューションの提供を狙う。

 開発の第1段階として,Infowave社は同社のデスクトップ向けパーソナル電子メール・ソリューション「Symmetry Pro」,サーバー製品「Infowave Mobile Messaging」,無線サービスのプラットフォームである「Mobile Application Gateway」ソリューション・スイートに「Windows Powered Smartphone」のサポートを追加する。

 両社は,共同でマーケティングと販売を移動体通信事業者のコミュニティに対して行う。Infowave社は,MicrosoftデバイスのOEM向けにも「Symmetry Pro」製品を提供する。

 「両社の協調により,移動体通信事業者の需要なニーズに対応するソリューションを実現することができた。同ソリューションで加入者に対して本当に価値があるデータ・サービスを迅速かつ容易に提供可能になる」(Infowave Software社の会長のThomas Koll氏)

◎関連記事
加Infowaveが通信事業者向けに無線データ・サービス用プラットフォームを提供
米HPが「iPAQ」向けの新たな無線サービスを発表
米MSが,CDMA版の「Windows Powered Smartphone」と「Pocket PC Phone Edition」発表。日立と韓国サムソンが採用
米ピープルソフトがCRM製品で「PocketPC Phone Edition」「Windows Powered Smartphone」への対応を発表
米マイクロソフト,「Smartphone」搭載携帯電話機の近日リリースを明らかに

発表資料へ