PR

 米Motorolaが米国時間1月13日に,米Next Level Communicationsの発行済み株式のすべてを買収する意向を明らかにした。買収総額は約3000万ドルにのぼる見込みである。

 Motorola社は現在Next Level社の株式の74%を保有しているが,残りの株式を1株当たり1ドル4セントの公開買い付けで取得する。この金額は,2003年1月10日の株価より14.4%高く,過去90日間の平均取引株価より28.6%高いという。

 Motorola社は米General Instrument買収の際にNext Level社の株式を取得した。Motorola社は,General Instrument社をもとに2000年1月にBroadband Communications部門を立ち上げ,2000年12月よりNext Level社への投資を始めた。以来,資本金として1億7500万ドル,金融保証として3000万ドルをNext Level社に投じているという。

 「我が社は引き続き事業資産を再評価し,財務力や事業を向上する手段を探っていく。Next Level社の能力を統合することにより,広帯域接続プラットフォームの導入促進に注力できる」(Motorola社合併・買収部門常務のDon McLellan氏)

 一方Next Level社は,Motorola社の買収案を否認するコメントを同日発表している。「Motorola社とは,経営陣においても取締役個人においても,今回の“勝手な”公開買い付けについて協議したことがない。我が社の経営幹部と役員会は株主への信任義務を遂行し,Motorola社の買収案については適切な時期に詳しいコメントを出すつもりだ」(Next Level社会長兼CEOのJ. Michael Norris氏)

◎関連記事
米モトローラがIP Systems Groupを3部門に分割し,IP事業を強化
米モトローラの光伝送プラットフォームを米タイム・ワーナー・ケーブルが認可
米SMC Networksが家庭とSOHO向けに2.4GHz/5GHz対応の無線ブロードバンド・ルーターを発表
「2002年のホットスポットは6倍増,1万2000カ所を超える」,米調査より
「2006年のホットスポットは4万2000カ所で2001年の21倍,市場の売上高は約57倍に」,米企業の調査
「米国のホットスポット利用者は2007年に2100万人」---英企業が調査
一歩先を行く米国のホットスポット――普及支える三つの鍵
米Verizonが中小規模の企業向けに無線LANサービスの提供を開始

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]