PR

 企業向けLinuxディストリビューションの統一を目指すUnitedLinuxは,米IBMと米AMDがUnitedLinuxと協力体制を敷くと米国時間1月14日,発表した。両社は,UnitedLinux技術諮問委員会へ参加し,UnitedLinuxの技術パートナーとして仕様改善やマーケティングに共同で取り組むことになる。

 UnitedLinuxは,ブラジルのConectiva S.A.,米SCO Group(旧社名:Caldera International),ドイツのSuSE Linux AG,ターボリナックスが企業におけるLinux普及を目指して結成した共同事業。4社は昨年11月に,「UnitedLinux Version 1.0」を発表しており,これに自社のサービスや製品を付加して,各社のブランド名でマーケティングと販売を行っている。

 「UnitedLinuxは,初の技術パートナーとなるIBM社とAMD社の参加を歓迎する。我々は,Linux分野のリーダー企業と手を組むことで,Linuxを企業ユーザーに着実に普及させていく」(UnitedLinux,ジェネラル・マネージャのPaula Hunter氏)

 IBM社,Linux戦略担当者副社長のKaren Smith氏は,「UnitedLinuxとの提携により,主要なミドルウエアに対応した当社の『eServer』ファミリで,UnitedLinux Version 1.0を利用できるようになる」と説明する。

 またAMD社 Computation Products Group部門担当副社長のRich Heye氏は「『Opteron』x86プロセサ・ベースのシステムを使用したい企業に新たな選択肢を提供できる」としている。「UnitedLinuxと協力することで,企業が32ビット/64ビットのLinuxベース・ソリューションへ移行することを支援したい」(同氏)

◎関連記事
米IBMと独SuSEが企業向けLinuxで提携,世界中の顧客にサービスを提供
AMD,32ビット・コードも実行する64ビットCPU「Opteron」を2003年上半期に出荷
企業向けLinuxの統一を目指す団体が「UnitedLinux Version 1.0」を発表
米カルデラ,独SuSEなど4社が企業向けLinuxの統一を目的とする「UnitedLinux」を結成
米レッドハットがLinuxを導入する企業向けに新しいサービスを発表
米レッドハットがパートナ・プログラム「Red Hat Alliance」を発表,企業市場を視野に
Linuxに業界再編の波--業務用市場を巡り2大陣営に分かれる
Linuxに黄金時代をもたらすもの

[発表資料へ]