PR

 米Intelが米国時間1月15日に,Linuxアプリケーション用のパフォーマンス解析ツール「Intel VTune Performance Analyzer 1.0 for Linux」を発表した。Intel社では,「Linuxベースのアプリケーションの解析/最適化を行い,Pentium 4またはXeonプロセサの性能を最大限引き出せる」としている。

 これまでLinuxアプリケーションを最適化するには,同ツールのWindows版「Intel VTune Performance Analyzer 6.1」を使用してリモート解析を行う必要があったという。Intel社がLinux版をリリースすることで,Linux上で直接最適化作業を行うことが可能となる。

 Intel VTune Performance Analyzerはアプリケーションを解析し,プロセサのリソースを大量に消費するコードを検出できるという。「コード内の特定部分に注目することで,パフォーマンスのボトルネックになりそうなコードの発見と除去がすばやく行える。その結果,アプリケーションの製品化に必要な期間を短縮できる」(Intel社)

 さらにコマンド・ライン・インタフェース,スクリプト実行機能,これまでWindowsベース・アプリケーション専用だったフロー制御分析など,柔軟で便利なLinuxユーザー向け機能を備えている。

 Intel VTune Performance Analyzer 1.0 for Linuxは,2003年2月発売の予定。予想価格は699ドル。

 なお米メディアの報道(CNET News.com)によると,Intel VTune Performance AnalyzerのWindows版はItaniumプロセサ上で動作するソフトウエアの解析が可能だが,Linux版は対応していないという。「Linux版でItanimuをサポートするのは2003年後半」(Intel社スポークスマンのScott McLaughlin氏)

 またIntel社は同日,Intel VTune Performance Analyzer用のオープン・ソース・ドライバ・キット「Intel VTune Performance Analyzer Driver Kit」についても明らかにした。同キットを使用することで,同社が対応していないLinuxディストリビューションやユーザーが改造したカーネルでも,Intel VTune Performance Analyzerの利用が可能になるという。

◎関連記事
「デスクトップLinuxのイベントでスポンサー数が倍増した」と主催者団体が発表
「開発者が評価するLinuxの特徴は安全性と信頼性」,米エバンズ・データの調査
デスクトップOSは今後もWindowsが優勢,しかしユーザーの不満がLinuxやMac OS Xにチャンスを与える
「統一Linux」が目指すもの
Linuxに業界再編の波--業務用市場を巡り2大陣営に分かれる
Linuxに黄金時代をもたらすもの
「2004年にはLinuxが高性能コンピューティング市場で勢力を拡大」,米アバディーンの調査
ソフト・ベンダーの業界団体,政府調達でオープン・ソース採用を推奨する報告書に反論

[発表資料へ]