PR

 米eBayが米国時間1月16日に,2002年12月末締めの第4四半期と通年の決算,および2003年の業績見通しを発表した。同四半期における売上高と利益は,ともに過去最高を記録し,同社は2003年における売上高と1株あたりの利益の予測を上方修正した。

 2002年第4四半期の売上高は4億1390万ドルを記録し,過去最高となった。純利益は8700万ドル。希薄化後の1株当り利益は28セントで,こちらも過去最高を記録した。一時的な費用を除いた場合の純利益は8760万ドル。同希薄化後の1株当り純利益は28セントで,同年10月に発表した同希薄化後の1株当り純利益の22~23セントを上回った。

 トランザクション収入は,前年同期から122%増の3億9650万ドルを記録した。eBay U.S事業部門が前年同期から58%増加しており,国外のトランザクション収入は173%増となった。米PayPal事業からのトランザクション収入7260万ドルも貢献している。

 通年で見ると,売上高は12億2100万ドルで,前年の売上高7億4880万ドルから62%増加した。純利益は前年比176%増の2億4499万ドルで,希薄化後の1株当り利益は85セントだった。一時的な利益/費用を除外したPro formaベースの純利益は2億5490万ドルで,希薄化後の1株当り純利益は87セントだった。前年の一時的な費用を除いた場合の希薄化後の1株当り純利益49セントに比べ78%増となった。

 2003年における業績の見通しとしては,売上高は前回予測より7000万ドル高く,19億ドルになると上方修正している。四半期別に見ると,第1四半期がおよそ4億4000万ドル,第2四半期が4億6000万ドル,第3四半期が4億800万ドル,第4四半期が5億200万ドルの売上高を見込んでいる。希薄化後の1株当りの純利益は,前回の予測の上限から7セント高の1ドル12セントを予測している。また,同社は,海外事業の収益が増加したため,実効税率が34%に引き下げられると予測している。

◎関連記事
米イーベイが今後の業績見通しを発表,「2005年には売上高30億ドルを目指す」
米イーベイ,オンライン決済システムの米ペイパルを総額15億ドルで買収

発表資料へ