PR

 米QUALCOMM社は,ブラジルのPortugal Telecom社とTelefonica Moviles社の合弁会社と商用無線アプリケーション・サービスの提供に関して提携した。同社が米国時間2月4日に発表した。

 同合弁会社は,168万人を超える加入者を抱える携帯通信事業者であり,新しいサービスの提供にQUALCOMM社のBREWソリューションを使用する。同社は,同社の高速データ・ネットワークに,BREWをベースにしたアプリケーションとサービスを3月に配備する。

 同合弁会社は,ラテン・アメリカにおいて,初めて商用のWAPデータ・サービスおよびCDMA2000 1Xネットワークを提供した。その後,BREW無線データ・サービスの試験運用を経て,今回初めてBREW対応の商用サービスを提供する。

 次世代CDMA2000 1Xネットワークを利用して提供されるBREWサービスでは,音声機能がほぼ2倍に増強され, 144ビット/秒のデータ転送率を実現する。加入者は,2種のBREW対応携帯電話(「Motorola T720」および「Audiovox/Toshiba CDM9500」)のいずれかを選択できる。今後は,韓国のSamsungや京セラといった他ベンダーからも対応携帯電話機が提供される予定である。

 同サービスでは,ゲームやビジネス・アプリケーションなどをダウンロードして利用できる。具体的には,Navy Battle,Arkanoidといったゲーム,およびWIZ Mail,Photo Album,Ringtones,Wall Paper,Via Rio,Sensual Clubなどのアプリケーションである。

◎関連記事
KDDIがBREW対応携帯電話を発表,業務アプリケーションの開発・提供サービスも
KDDI,BREWによる携帯電話アプリのダウンロード・サービスを開始
米クアルコム,北米の1900MHz帯WCDMAのテスト携帯電話機を提供
ACCESS,中国の携帯電話事業者大手に自社のブラウザソフトなど提供へ
KDDI,BREW使う携帯アプリ本格化。2月サービス開始,中韓と仕様共通に

発表資料へ