Terra Lycos社が米国時間2月4日に,最も頻繁に使われた検索キーワードのランキング「Lycos 50」を発表した。2003年1月26日~2月1日の1位はファイル共有ネットワークの「Kazaa」だった。なお,50位までの全ランキングを同社WWWサイトに掲載している。

■2003年1月26日~2月1日の検索キーワード,トップ10
1) KaZaA
2) Space Shuttle
3) The IRS
4) NASA
5) Tattoos
6) Dragonball
7) Taxes
8) Valentine's Day
9) Super Bowl Commercials
10)Britney Spears
出典:Terra Lycos社

 検索キーワードの2位は,帰還直前のスペースシャトル,コロンビアの惨事により,「Space Shuttle」となった。事故の関連情報やニュースのほか,1986年に起こったチャレンジャーの爆発事故について検索するユーザーが多かった。また亡くなった7人の乗員では,初のインド人女性乗員である「Kalpana Chawla」と,イスラエル国籍の乗員「Ilan Ramon」の両氏が最も多く検索された。

 昨年トップだった「Super Bowl Commercials」は,かろうじて9位となった。今年はSuper Bowlのコマーシャルに関連した検索件数が減少した。

 しかしSuper Bowlの期間中に,予告編が放送された映画「Matrix Reloaded」は,劇場公開まで3カ月あるにもかかわらず42位にランクインした。

 その他の注目のキーワードとしては,「State of the Union(一般教書演説)」が今年初めてLycos 50に登場し,43位をマークした。これは主として,ブッシュ大統領のイラク施政方針に関心が集まったからである。

◎関連記事
ライコスの検索キーワード・ランキング,「World Cup」がトップで「Star Wars」は3位に転落
ライコスの検索キーワード・ランキング,「Star Wars」が「Spider-Man」から首位を奪取
米Lycosの検索キーワード・ランキング,「Osama bin Laden」が1位に
世相を反映するインターネット,ネットレイティングスが2002年10大トレンドを発表
米AOL,2002年における検索キーワードなどのランキング「Best of AOL 2002」を発表
インターネットの検索サイト,その進化の秘密
検索結果で上位に入り,サイトのアクセス増を狙う---「SEO」を実践する企業が増加,Webページやサイト構成を最適化
広告料金の多い順に検索結果を表示する----検索サービス大手オーバーチュアが日本進出

[発表資料へ]