PR

 フィンランドのNokiaが現地時間2月12日に,同社のネットワーク・インフラ部門Nokia Networksの合理化について明らかにした。同部門の研究開発施設を縮小し,「事業の効率化とコスト節約を図る」(Nokia社)としている。

 これに伴い,米国,英国,スウェーデン,フィンランドの従業員約550人を削減する。各国で必要な交渉手続きを開始するという。Nokia社によると,削減対象となる従業員の一部は,同社の別の部署に移る予定である。

 カリフォルニア州サンタロサの事業をフィンランドのエスポーに移管し,広帯域接続関連事業を集中化する。サンタロサの施設は段階的に閉鎖する。同時に,フィンランドの従業員を増強し,広帯域接続の研究開発とテストに引き続き注力する。

 スウェーデンのキスタにあるベース・ステーション研究開発施設は閉鎖し,英国の研究開発施設で人員整理を行う。

 また,英国の資材購入/企画部門も縮小の対象として検討しており,より規模の大きい施設に従業員を移管する予定だという。

 ちなみに米メディア(CNET News.com)の報道によると,Nokia社の従業員は2002年末時点で,5万1748人。Nokia Networks部門の従業員は約1万7000人である。

◎関連記事
「Q4の携帯電話の販売台数と市場シェアが過去最大で利益の倍増を記録」,Nokiaが2002年Q4と通年の決算報告
「2002年の携帯電話機出荷台数は前年比1.8%増,“史上最悪”の2001年を経て復調へ」,と米IDC
「2002年Q3の世界携帯電話機販売台数,予測を上回る前年同期比7.8%増」,米データクエスト
「米国の消費者がもっとも依存する個人向け技術デバイスは,携帯電話でなく家庭向けパソコン」,米Voca Groupが発表
「2003年に携帯電話加入者は増えるが3Gは期待外れ」,米社が世界無線通信業界の状況を予測
「ネットワーク装置ベンダーのブランド認知度,首位は米シスコ」,と米In-Stat/MDR
「広帯域接続市場,サービスの売上高は拡大するがCPEの売上高は減少」,と米調査

[発表資料へ]