PR

 中国のオンライン情報サービス・プロバイダSINAが現地時間2月14日に,ショート・メッセージング・サービス(SMS)の配信に関する米Microsoftとの提携を発表した。Microsoft社は同社のオフィス・スイート「Office XP」と電子メール管理ソフトウエア「Outlook 2002」にSINA社のSMSサービスを組み込む。

 Outlook 2002の「Short Messaging Support Program」とSINA社の「SMS Web Service Program」を組み合わせることにより,中国のユーザーは電子メール,連絡先情報,スケジュール内容などをショート・メッセージとして携帯電話機などのモバイル機器に送信できる。また外出中に,携帯電話機を使って自身のコンピュータからデータを取得することが可能。

 SINA社は中国や海外の中国人コミュニティ向けに,中国語のポータル・サイト,有料電子メール,無線ショート・メッセージング,個人広告情報,オンライン・ゲーム,電子商取引やeラーニングなどを提供する企業。オンライン・メディア・サービス「SINA.com」,消費者向けモバイル付加価値サービス「SINA Online」,小企業向け付加価値サービス「SINA.net」などを運営している。

 「ショート・メッセージングは日常の便利な通信手段となっている。企業向けSMSはモバイル・インフラにまで拡大し,企業,社員,パートナ企業,顧客との円滑なやりとりや共同作業を実現している。企業向けSMSは,情報技術と通信技術との融合から生まれた成果だ」(Microsoft China社社長のTang Jun氏)

◎関連記事
「米国IM市場で頭角を現す米Trillian,大手IMサービスとの相互操作性が武器」,米ジュピター
米スプリントがメッセージング・サービスを拡張,「他社のユーザーにも送信できる」
「ショート・メッセージングは,家庭や仕事に忙しい女性に利用価値大」と米調査
定着したIMサービス,家庭/職場ユーザーとも30%以上が利用,首位は「AOL Instant Messenger」
採用企業増えるインスタント・メッセージ(上)
採用企業増えるインスタント・メッセージ(下)
米マイクロソフトが「Systems Management Server 2003」のベータ版をリリース
「2003年に携帯電話加入者は増えるが3Gは期待外れ」,米社が世界無線通信業界の状況を予測

[発表資料へ]