PR

 イタリアのTelecom Italiaと米HPは現地時間2月21日,両社が管理サービスとアウトソーシングに関する契約を結んだと発表した。契約期間は5年。この間における取引金額は2億2500万ユーロ(約2億4400万米ドル)に達するという。

 HP社はTelecom Italiaの9万人のユーザーに対して,資産管理,ヘルプデスク,メインテナンス,管理サービスなどのデスクトップシステム向けIT管理サービスを提供する。これに伴いTelecom ItaliaのIT担当者をHPのデスクトップシステム管理に特化した部門に移管する。また,HP社はTelecom Italia社と共同で,イタリア向けSAPソリューション環境の技術向上を図る。
 
 「当社はこの提携によって競争力を強化し、中核事業に専念できる。また,大幅なITコストの削減が図れ,サービスレベルを改善できる」(Telecom Italia社CEO兼ジェネラル・マネジャ,Arrigo Andreoni)

 一方のHP社は,「SAPとデスクトップ・アウトソーシング市場における我が社の先導的な立場を強化できる」と説明する。

◎関連記事
米HPがリアルタイムでサービス品質を管理する「HP OpenView Service Quality Manager」を発表
日本HPの管理ソフトOpenViewがIBM WebSphereに対応
地方自治体のアウトソーシングを支援,総務省がSLA契約のガイドライン策定へ
「2002年の世界ITサービス市場,売上高は5570億ドルで前年比わずか2.8%増」,米データクエスト
「世界のIT支出は2002年から回復,2005年には1兆4300億ドル」――米社が調査
大規模化するSAP R/3システム,プラットフォーム選びのポイント
「世界ITサービス市場,2005年に1兆4000億ドルで現在の2倍」とデータクエスト
「2002年のIT予算,米国企業の約50%が増額予定」と米IDC

[発表資料へ]