米BEA Systemsは,個人/企業向けの教育パッケージ「BEA Learning Pass」および「BEA Certification Pass」を米国時間2月27日,発表した。BEA社は,「当社製アプリケーション・インフラ・ソフトウエアについて,より良い使い方を学習し,開発/導入作業を迅速化できる」と説明する。

 同教育パッケージは,開発者/IT専門家/実装チームのメンバーに経済的なトレーニング・ソリューションを提供するという。「トレーニングに対する個々の要望に合わせてあり,顧客が自分自身で学習を進める際の強力な基盤となる」(同社)

 BEA Learning Passでは,BEA社の提供するインストラクタ付き公開トレーニング・コース8講座を組み合わせ,割引料金での利用が可能になる。その際,従業員1名が8つの講座に参加するか,または1組織内から8名以下の従業員が最高で合計8講座まで出席するか,いずれかを選択できる。

 BEA Certification Passは,開発者/管理者/アーキテクトが「BEA WebLogic Platform」に関するスキルや適応性を計測するためのパッケージ。同パッケージを利用すると,BEA社のトレーニング・コースの中から任意の2講座を割引価格で受講できる。

 BEA Learning PassおよびBEA Certification Passは,アクティベーション実行後1年間有効。なおBEA社は,両パッケージの価格など詳細な条件については明らかにしていない。

◎関連記事
「開発者が選ぶ最良の開発者向けプログラムはMSDN」,米Evans Dataが調査結果を発表
「米マイクロソフト認定資格の所有者,給料がおおむね減少,でも仕事には満足」,米誌の調査から
「Microsoft資格所有者の平均給与が6年ぶりに低下,しかしWindows 2000資格は強い」と米誌
「全世界でITプロフェッショナルの分布が大きく変化している」と米ブレインベンチ
日本で初めての職業別スキル・スタンダード,ITSSを活かせ
資格の価値って何ですか?
ITエンジニアのコアスキル,年収・職種で“有意な差”
“お受験体質”が技術者を弱くする

[発表資料へ]