米Linksysは,IEEE802.11aおよびIEEE802.11gの両規格に対応するノート・パソコン用無線LANカード「Wireless Dual Band A+G Wireless PC Card(WPC55AG)」の出荷を米国時間3月4日に開始した。Linksys社が3月5日に明らかにしたもので,「両規格対応製品の出荷は業界初」という。

 さらに同社は,別の両規格対応無線LAN製品として,ルーター「Wireless A+G Broadband Router(WRT55AG)」,アクセス・ポイント「Wireless A+G Access Point(WAP55AG)」,PCIカード「Wireless A+G PCI Card(WMP55AG)」の出荷も2003年3月後半に予定している。

 これら製品は,2.4GHz帯と5.0GHz対の両モードで使用可能で,IEEE 802.11b/同aと同gに対応する。同社は,「アクセス・ポイントやルーターを1台買えば,複数の規格に対応しているのでインフラに対する投資を無駄にすることがない」と説明する。「ちょうど世界初のAM/FM両用ラジオのように,すべてのIEEE標準と互換性のある無線ネットワーク機器を1台だけ購入することが可能になる」(同社)

 「現在の無線機器と将来の無線機器との間で互換性を保証するには,IEEE 802.11a/g対応のデュアル・バンド製品が最適な方法だと,誰もがこれまでずっと認めていた」(同社社長兼CEOのVictor Tsao氏)

 Wireless A+G PC Card(WPC55AG)の価格は99ドルで,同日より購入可能とする。またWireless A+G PCI Card(WMP55AG)の価格も99ドル。これ以外の製品の価格については明らかにしていない。

◎関連記事
IEEEのワーキング・グループが802.11gのドラフト版を承認,2003年6月にも最終承認へ
米アップル,17インチのディスプレイ備える新型「PowerBook G4」などを発表
米TI,IEEE802.11a/b/b+/g対応のLSIを発表
「2002年無線LAN機器市場,出荷数は前年比約90%増,価格低下で売上高は前年比23%増」――米調査
「無線LAN用LSI市場,2007年に1億4750万個出荷し11億3000万ドル規模」,米ABIの調査
「無線LAN機器市場は年平均43%で成長,2006年には103億ドル規模」,米調査より
54M無線LANの主役は「g」に決まり
次の無線LAN規格って,どれが本命?

[発表資料へ]