PR

 米Intelは,2003年第1四半期業績見通しの中間修正を米国時間3月6日に明らかにした。売上高は66億~68億ドルの範囲になる見込み。事前予測では65億~70億ドルと予測していた。

 Intel Architecture事業は従来の季節的パターン通りだが,予想よりやや好調だ。一方,Communications事業は,フラッシュ・メモリーの売り上げが低迷し,当初の予想を下回っている。

 粗利益率は,フラッシュ・メモリーの在庫のだぶつきが原因で,従来予測である50%(プラス/マイナス2ポイント)の中間値をわずかに下回る見通し。

 株式投資や利息などによる損益は,事前予測の純損失1億2500万ドルから1億ドルに改善する見込みだ。「未公開株式投資による減損が思ったより少なかった」(Intel社)

 なお,その他の予測に関して変更はないとしている。

◎関連記事
米インテルの2002年Q4決算,売上高72億ドルで予測を上まわる好業績
米インテルが2002年Q4の売上高予測を上方修正,「Intel Architecture部門が期待以上に好調」
米インテルが2002年Q3決算を発表,売上高65億ドルで下方修正の範囲内
米インテルが2002年Q2決算を発表,2002年後半に4000人の人員削減を予定
米トランスメタの2002年Q4決算,前期比30万ドル減収だが赤字幅はわずかに縮小
米AMDの2002年Q3決算,前年同期比34%減収で赤字を拡大
韓国サムソンの2002年通年決算,売上高約345億ドル/純利益約60億ドルでいずれも過去最高
「2003年の世界半導体市場は前年比8.9%増。回復は2003年後半から」,米データクエスト

[発表資料へ]